松平重隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 重隆(まつだいら しげたか、慶長14年(1609年) - 寛永3年7月10日1626年8月31日))は、江戸時代の大身旗本松平勝隆(のち上総佐貫藩主)の長男。通称、三四郎。

6500石の大身旗本家の嫡子で、寛永元年(1624年徳川家光に拝謁する。本来なら佐貫藩2代藩主となるはずだったが、家督を継ぐことなく寛永3年(1626年)に18歳で早世した。代わって、従弟の松平勝広が養子に迎えられ嫡子となった。