松平貴強

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 貴強(まつだいら たかます、寛保2年(1742年) - 寛政11年11月25日1799年12月21日))は、江戸時代旗本竹谷松平家支流。松平大進親賢の次男で松平伊織親房の養子。幼名亀五郎。通称次郎兵衛。官途は従五位下石見守。

明和8年(1771年)に家督を継ぐ。天明7年(1787年)大坂町奉行、寛政9年(1797年長崎奉行となった。翌年に勘定奉行兼帯となった。寛政11年在任中に長崎で58歳で没す。墓所は長崎の海雲山皓台寺。法名は恭徳院殿義嶽静貞大居士。

参考文献[編集]