松平定次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 定次(まつだいら さだつぐ、慶長16年(1611年) - 寛永6年2月21日1629年3月15日))は、山城国淀藩(のち伊勢国桑名藩転封となる)の嫡子。松平定綱の長男。母は浅野長政の娘。官位は従五位下、豊後守。

定綱系久松松平家の嫡子として生まれるが、家督相続前に早世。享年19。代わって弟の定良が嫡子となった。