松平好房

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 好房(まつだいら よしふさ、慶安2年(1649年) - 寛文9年6月23日1669年7月20日))は、丹波福知山藩、のち肥前島原藩の世嗣。初代島原藩主・松平忠房の長男。正室は鍋島直澄の娘。官位は従五位下、大炊頭。

福知山藩(のち島原藩)の嫡子として生まれ、明暦2年(1656年徳川家綱に拝謁する。寛文2年(1662年)には叙任するが、家督を継ぐことなく寛文9年(1669年)に21歳で早世した。代わって、弟の松平忠倫が嫡子となった。

孝子と讃えられている。「小さい時から父母の居る方に、足を伸ばしたことはない。」「よそに行く時も、帰って来た時も、必ず父母の前に出て、その事を告げた。」「父母から頂いた物は大切にして、いつまでも持っていた」「また人が父母の話をすると、いつも正しく居直って聞いた。」などその孝子像が戦前に修身の教科書にも取り上げられた。深溝松平家の菩提寺の本光寺愛知県額田郡幸田町)には「孝子廟」が、本光寺長崎県島原市)には徳川家達揮毫による頌徳碑がある。