松尾保

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

松尾 保(まつおたもつ、1925年 - 2020年9月24日)は、日本医師小児科)、神戸大学医学部名誉教授[1]。元兵庫中央病院院長[2]

概要[編集]

1979年度から1980年度にかけて、科学研究費助成事業であった「小児難治性腎疾患の病態に関する免疫学的研究」の代表をつとめる[3]

1982年には、日本小児神経学会第24回学術集会会長をつとめる[4]

2001年勲二等瑞宝章を受章[2]

2020年9月24日肺炎のため、神戸市内の病院で死去、95歳没[5]。死没日をもって、従四位に叙される[6]

著書[編集]

出典[編集]

  1. ^ 松尾保”. 日本の研究.com. 2019年8月13日閲覧。
  2. ^ a b 平成13年春の叙勲・褒章受章者”. 日本医師会. 2019年8月13日閲覧。
  3. ^ 小児難治性腎疾患の病態に関する免疫学的研究”. 日本の研究.com. 2019年8月13日閲覧。
  4. ^ 学術集会会長”. 日本小児神経学会. 2019年8月13日閲覧。
  5. ^ 松尾保氏死去(神戸大名誉教授・小児科学) - 時事ドットコム 2020年9月25日
  6. ^ 『官報』第367号10頁 令和2年11月5日号

脚注[編集]

[脚注の使い方]