松園俊志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松園 俊志(まつぞの しゅんし、1946年-2019年)は、日本の観光学者。東洋大学名誉教授。日本国際観光学会(JAFIT)会長。2015年会長退任。2017年東洋大学教授を定年退職。東洋大学名誉教授に就任。

略歴[編集]

  • 1946年 - 長崎県佐世保市に生まれる。
  • 1965年 長崎県立佐世保南高等学校卒業
    • 法政大学社会学部応用経済学科卒、同大学院社会科学研究科退学。
  • 2001年 - 東洋大学国際地域学部国際観光学科教授に就任する。
  • 2007年 - 東洋大学現代社会総合研究所所長となる。2015年退任。
  • 2010年 - 日本国際観光学会会長に就任する。2015年退任。
  • 2017年 - 東洋大学国際地域学部国際観光学科教授を定年退職。東洋大学名誉教授に就任。
  • 2019年5月1日 - 死去。享年七十三歳。

著書[編集]

  • (共著:森下晶美)『旅行業概論 新しい旅行業マネジメント』(同友館 2012年)

出典[編集]

  • 『旅行業概論 新しい旅行業マネジメント』(同友館 2012年)
  • 『日本国際観光学会 論文集 2012』(日本国際観光学会 2012年)