東電学園高等部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

東電学園高等部(とうでんがくえんこうとうぶ)は東京都日野市にあった東京電力が運営していた認定職業訓練による職業能力開発校

沿革[編集]

1954年に東京電力の技術社員養成所として設置された。1956年に火力発電、1957年に送電、1961年に発変電のクラスが設置された。

1964年に木川田一隆東京電力社長の意向で東電学園となった。

2007年3月に閉校となった。当初は全寮制の男子校であったがその後共学化していた[1]

調布市菊野台3丁目に大町寮があった[2]

所在地[編集]

その他[編集]

養成所(員)の歌

作詞:掛川旭朗至、作曲:加納時男

東電学園歌

作詞:阿部文彦、作曲:石井歓

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 三井田孝欧 (2006年11月3日). “母校閉校:東電学園、日常の五心”. 2011年4月24日閲覧。
  2. ^ 旧東電学園高等部寮跡のPCB、地下水などからは検出されず”. 日経BP (2004年4月13日). 2011年4月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]