東部軍管区 (日本軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

東部軍管区(とうぶぐんかんく)は、大日本帝国陸軍軍管区の一つ。

沿革[編集]

東部軍管区司令部が置かれた第一生命館(写真は戦後撮影)

東部軍管区とはもとは東部軍の管轄区域であり(1935年昭和10年)8月に東部防衛司令部[1]として発足)、東部軍司令部が軍管区内の軍隊を指揮・統率した。

東部軍は1945年(昭和20年)2月1日、第12方面軍編成により廃止され、その後は第12方面軍司令部が東部軍管区司令部を兼ね軍政を統括した。

司令部人事[編集]

  • 氏名、就任日の順に表示した。退任日は特に記していない物は全て後任者の就任日がそれに当る。
  • 東部軍管区司令官は第12方面軍司令官が兼ねた。
  • 第12方面軍司令官、参謀長及び参謀副長を兼任した者は、役職を表示する場合、『第12方面軍司令官兼東部軍管区司令官』となり、第12方面軍が本職の扱いであった。

歴代司令官[編集]

  • 藤江恵輔 大将:1945年2月1日(兼第12方面軍司令官)
  • 田中静壱 大将:1945年3月9日 - 8月24日(兼第12方面軍司令官)
  • 土肥原賢二 大将:1945年8月25日(兼第12方面軍司令官)
  • 北野憲造 中将:1945年9月23日 - 11月30日(兼第12方面軍司令官)

歴代参謀長[編集]

  • 辰巳栄一 中将:1945年2月1日(兼第12方面軍参謀長)
  • 高島辰彦 少将:1945年3月1日(兼第12方面軍参謀長)

歴代参謀副長[編集]

  • 高嶋辰彦 少将:1945年2月1日 - 3月1日(兼第12方面軍参謀副長)
  • 山崎正男 少将:1945年3月1日 - 8月5日(兼第12方面軍参謀副長)
  • 吉野弘之 少将:1945年6月1日 - 8月6日
  • 小沼治夫 少将:1945年8月5日 - 11月1日(兼第12方面軍参謀副長)
  • 小野打寛 少将:1945年9月10日 -

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1940年(昭和15年)8月に東部防衛司令部を東部軍司令部に改称した。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操・森松俊夫編著『帝国陸軍編制総覧』芙蓉書房出版、1987年。

外部リンク[編集]