東苫田村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ひがしとまだそん
東苫田村
廃止日 1941年2月11日
廃止理由 編入合併
久米郡佐良山村苫田郡東苫田村 → 津山市
現在の自治体 津山市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中国地方山陽地方
中国・四国地方
都道府県 岡山県
苫田郡
隣接自治体 津山市、苫田郡高倉村高田村高野村東一宮村
東苫田村役場
所在地 岡山県苫田郡東苫田村
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

東苫田村(ひがしとまだそん)は、岡山県苫田郡にあった

現在の津山市大田勝部志戸部紫保井籾保弥生町に当たる。

ここでは現在の津山市東苫田地区についても扱う。

沿革[編集]

地名の読み方[編集]

  • 大田(おおだ)
  • 勝部(かつべ)
  • 志戸部(しとべ)
  • 紫保井(しぼい)
  • 沼(ぬま)
  • 籾保(もみほ)
  • 弥生町(やよいちょう)

東苫田地区[編集]

東苫田村の範囲を以って東苫田村と呼んでいる。小学校は大田の全域、紫保井の一部、沼の一部が弥生小学区、その他は鶴山小学区。中学校は大田の全域、紫保井の一部、沼の一部が北陵中学区、その他が中道中学区(大田・紫保井は小学区と中学区の区分けは同じだが、沼は少し分け方が異なる)。小学校が2つ、また、平成の大合併前の津山市の5つの中学校の内2つがこの地区にある。

隣接自治体:地区[編集]

地区の地名[編集]

  • 大田
  • 勝部
  • 志戸部
  • 紫保井
  • 籾保
  • 弥生町

人口[編集]

8032人(2010年1月1日現在。住民基本台帳、外国人登録台帳調査による。津山市調べ)。地名ごとの人口は各地名記事参照。

教育[編集]

保育園[編集]

  • やよい保育園

小学校[編集]

  • 津山市立鶴山小学校
  • 津山市立弥生小学校

中学校[編集]

  • 津山市立中道中学校
  • 津山市立北陵中学校

高等専門学校[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

地区内を走る鉄道なし

道路[編集]

高速道路[編集]

中国自動車道が通過のみ

国道[編集]

地区内を走る国道なし

県道[編集]
  • 主要地方道
地区内を走る主要地方道なし

河川・山岳[編集]

河川[編集]

  • 宮川
  • 横野川

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

寺院・神社[編集]

神社[編集]

  • 大田神社
  • 勝部神社
  • 齋神社
  • 八幡神社

その他[編集]

1953年、籾保の一部が紫保井となる。1872年に籾山村と紫保井村が合併して籾保村となっており、籾保の籾は籾山の籾、保は紫保井の保のことであるが、旧籾山村の範囲は紫保井が分離した後も籾保のままである。

また、1966年、沼の一部が弥生町となった。

参考文献[編集]

  • 和泉橋警察署 『新旧対照市町村一覧』第2冊(東京 : 加藤孫次郎、1889(明22))
  • 地名編纂委員会 『角川日本地名大辞典33 岡山県』(角川学芸出版、1989、ISBN 4040013301

関連項目[編集]