東方正教会文明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

東方正教会文明(とうほうせいきょうかいぶんめい)または、東方正教会世界とは、サミュエル・P・ハンティントンによる文化圏の分類の一つ。正教会(東方正教会)を主要な宗教としている国を指す。ハンティントンら比較文化論の研究者はロシアを国際社会の主要プレイヤーと位置づけており、ロシア正教会文明ロシア文明とも呼んでいる。

概要[編集]

正教会(ギリシャ正教・東方正教会)の教会機構図解

そもそも、「ロシア正教会」は組織名であり、教派全体としての名は正教会もしくは東方正教会が正しい。ブルガリア正教会ロシア正教会ギリシャ正教会ルーマニア正教会などの各国・各地域の正教会は、それぞれが独立した教会組織を構成しつつ、正教会としての連帯を保っている。

主な国はロシアギリシャウクライナルーマニアセルビアなど東欧バルカン半島の国に多い。東ローマ帝国395年 - 1453年)から発生し、東ローマ帝国の滅亡後は、ロシアが東方正教会文明の中心国になったと考えられている。なお正教会はキリスト教の一派なのでシュペングラーブライジヒなどは西洋文明の一部と考察する研究者も存在する。文化圏というニュアンスの「文明」の区分は一定していない。

比較文化論[編集]

文明史論の中の東方正教会文明[編集]

「文明」の比較研究(比較文化論)として、サミュエル・P・ハンティントンは東方正教会を独自の文化圏とした。トインビーは、ロシアを東ローマ文明の後継国と述べている。東ローマ文明と東方正教会文明を一つにまとめるか別けて考えるかは学者により見解は違う。この二つの違いはギリシア文明とローマ文明の違いに似ており同じカテゴリーに分類されることは多い。

ハンティントンの文明衝突論[編集]

東方正教会文明、あるいは東方正教会世界を一つの文化圏とするサミュエル・P・ハンティントンが1996年に『文明の衝突』を著した。ハンティントンによれば、冷戦による東西の衝突が終わった現代は、西欧文明、中華文明ヒンドゥー文明、イスラム文明、日本文明、東方正教会文明、ラテンアメリカ文明、アフリカ文明の8つの文化圏が衝突する時代になるのではないかと述べている。

ハンティントンにより東方正教会文明に分類されている国は、ロシア、ギリシャ、ウクライナ、ルーマニア、セルビア、グルジアアルメニアカザフスタンベラルーシモルドバブルガリアマケドニア共和国モンテネグロボスニア・ヘルツェゴビナキプロス

参考文献[編集]

  • アーノルド・J・トインビー『現代が受けている挑戦』(新潮社, 1971年/新潮文庫, 2001年)
  • 伊東俊太郎『比較文明』(東大出版会、1985年)
  • サミュエル・P・ハンティントン『文明の衝突』 集英社、1998年
  • オリヴィエ・クレマン『東方正教会』(クセジュ文庫)、冷牟田修二、白石治朗訳、白水社、1977年。ISBN 978-4-560-05607-3 (4-560-05607-2)
  • 外村直彦『八大文明』朝日出版社,2008年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]