東川孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東川 孝
ひがしかわ たかし
生年月日 (1934-05-08) 1934年5月8日
出生地 北海道勇払郡苫小牧町(現苫小牧市
没年月日 (2015-08-18) 2015年8月18日(81歳没)
出身校 北海道千歳高等学校
前職 千歳市職員
所属政党 無所属

Flag of Chitose, Hokkaido.svg 千歳市長
当選回数 3回
在任期間 1991年4月27日 - 2003年4月26日
テンプレートを表示

東川 孝(ひがしかわ たかし、1934年(昭和9年)5月8日[1] - 2015年(平成27年)8月18日)は、日本政治家北海道苫小牧市出身[2]北海道千歳高等学校[1]北海道千歳市市長(1991年-2003年)。

経歴[編集]

1950年(昭和25年)に千歳町役場(現在の千歳市役所)に、事業生として入り、1954年(昭和29年)には千歳町役場を退職し、北海道自治講習所に入所し、1年間通い、翌1955年(昭和30年)の4月1日に再び千歳町役場に入り[3]、税務課町民税係へ配属される[1]。その後、企画調整課企画係長や環境部環境課長、経済部長等を経て、1987年(昭和62年)の12月6日に千歳市収入役となる。1991年(平成3年)の1月16日には、千歳市長選出馬の為、同市収入役を辞任し[1]、同年4月21日の同市長選において、無所属で当選し[4]、その後、千歳市長を3期12年勤めた。

2015年(平成27年)8月18日、腎臓がんのため死去[5]。81歳没。

親族[編集]

  • 母方の祖父「石山七三郎」の養父は、千歳市の前身である「千歳郡各村戸長役場」の初代戸長を務めた「石山専蔵」である[6][7]

脚注[編集]