東京金融市場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

東京金融市場(とうきょうきんゆうしじょう)とは、東京都中央区日本橋兜町を中心とした金融市場である。

この地区は、東京証券取引所(昭和24年東証誕生)の所在地である。2020年9月、イギリスシンクタンクZ/Yenグループが発表する世界金融センター指数英語版(Global Financial Centres Index, GFCI)によると、東京はニューヨークロンドン上海に次ぐ世界第4位の金融センターと評価されているが、それに引き続く香港シンガポールと、激しい市場獲得競争を展開しており、2010年頃以降各年において順位の入れ替わりが見られる。また、中国経済の拡大に伴い、第3位の上海に加え第7位の北京などのプレゼンスの向上が目立つなど、アジアにおける相対的な地位の低下が見られる[1]

関連項目[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ The Global Financial Centres Index 28”. Long Finance (2020年9月). 2020年11月27日閲覧。