東京チャタレー夫人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東京チャタレー夫人
Lady Chatterley in Tokyo
監督 藤井克彦
脚本 大工原正泰
出演者 志麻いづみ
椎谷建治
音楽 高田信
撮影 萩原憲治
編集 山田真司
製作会社 日活
配給 日活
公開 日本の旗 1977年8月20日
上映時間 90分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

東京チャタレー夫人 』(とうきょうチャタレーふじん)は1977年8月20日公開の日本映画。カラー、シネマスコープ。上映時間90分。日活が製作・配給した日活ロマンポルノ

概要[編集]

1977年、日活のお盆映画のロングラン興行で、大作2本立てのうちの1本として公開された。「東京エマニエル夫人」「東京エマニエル夫人 個人教授」に続く、ファッション・ポルノ第三弾。主演は前作までの田口久美から、本作で初主演の志麻いづみに変更。

あらすじ[編集]

大財閥の夫人として上流社会に生きていた美緒、しかし、夫婦の車中でのふとした愛の戯れがもとで事故を起こし、夫は下半身不随となってしまう。そんななか、ふとしたことから夫の開発現場の作業員・新田との関係が始まる。お互いの感情を一気に吐き出すように求めあう二人。一方、夫は、二人との関係を感づきながら、不具の我が身に苦悩していた。

スタッフ[編集]

  • プロデューサー:八巻晶彦
  • 脚本:大工原正泰
  • 撮影:萩原憲治
  • 照明:高島利隆
  • 録音:秋野能伸
  • 美術:徳田博
  • 編集:山田真司
  • 音楽:高田信
  • 助監督:飛河三義
  • 色彩計測:森島章雄
  • 現像:東洋現像所
  • 製作担当者:天野勝正
  • 監督:藤井克彦
  • 企画:佐々木志郎(ノンクレジット)
  • スチール:浅石靖(ノンクレジット)

キャスト[編集]

  • 志麻いづみ(新人):加納美緒
  • 松永てるほ:西条綾
  • 真家宏満:加納達則(美緒の夫)
  • 梓ようこ:永沢マリ子(別荘の家政婦)
  • 椎谷建治:新田精二
  • 岡尚美:成宮夫人
  • 南寿美子:加納悦子(達則の母)
  • 宇南山宏:宗方甲一郎
  • 中台祥浩:加納鋭介(達則の父)
  • 牧れいか:蛯名夫人
  • 十時じゅん:東夫人
  • 三川裕之
  • 五條博:西条篤志
  • 八代康二
  • 溝口拳
  • 中平哲仟
  • 露木護
  • 庄司三郎
  • 小見山王樹
  • 影山英俊
  • ザ・エレクトラ(稲生幸成、桜井ゆり)

同時上映[編集]

夢野久作の少女地獄

外部リンク[編集]