杜超

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

杜 超(と ちょう、生年不詳 - 444年)は、北魏外戚は祖仁。本貫魏郡鄴県

経歴[編集]

杜豹と鉅鹿恵君のあいだの子として生まれた。明元密杜皇后の兄にあたる。泰常年間、相州別駕となった。都の平城に使者を送ったが、法によって禁じられていたため、妹の皇后の消息を問うことができなかった。始光年間、陽平公の爵位を受け、南安長公主をめとり、駙馬都尉の位を受け、大鴻臚卿に任じられた。太武帝はたびたび杜超の邸を訪れ、杜超に贈られた賞賜は巨万におよんだ。430年神䴥3年)7月、杜超は仮節・都督冀定相三州諸軍事・行征南大将軍・太宰となり、爵位を陽平王に進めて、に駐屯した。10月、南朝宋の王蟠龍の軍を撃破して、これを斬った。439年太延5年)、太武帝が北涼に親征すると、杜超は平涼・鄜城の諸軍を率いて後詰めをつとめた。444年太平真君5年)4月、帳下で殺害された。は威王といった。

子女[編集]

  • 杜道生(長子、城陽侯、秦州刺史、河東公)
  • 杜鳳皇(陽平王、侍中・特進)
  • 杜道儁(発干侯、兗州刺史)

伝記資料[編集]

  • 魏書』巻83上 列伝第71上
  • 北史』巻80 列伝第68