村本詔司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

村本 詔司(むらもと しょうじ、1947年7月31日[1]- )は、ユング心理学者、神戸市外国語大学名誉教授。

大阪府生まれ。1970年京都大学教育学部卒、75年同大学院教育学研究科教育方法学(臨床心理学)。1975年花園大学専任講師、83年助教授、93年教授、2000年神戸市外国語大学教授[2]。2014年定年退任、名誉教授[3]。93年「ユングとゲーテ」で大阪大学博士(人間科学)。妻は村本邦子

著書[編集]

  • 『ユングとゲーテ 深層心理学の源流』人文書院 1992
  • 『ユングとファウスト 西洋精神史と無意識』人文書院 1993
  • 『魂の探求 古代ギリシャの心理学』大日本図書 シリーズ人間性の心理学 1994
  • 『心理臨床と倫理』朱鷺書房 1998

共編著[編集]

翻訳[編集]

  • ピーター・ホーマンズ『ユングと脱近代 心理学人間の誕生』人文書院 1986
  • ポリー・ヤング=エイゼンドラス『夫婦カウンセリング 女が真に求めるものは何か』織田元子共訳 創元社 ユング心理学選書 1987
  • A.ローウェン『からだと性格 生体エネルギー法入門』国永史子共訳 創元社 1988
  • 『ユング・コレクション 3 心理学と宗教』人文書院 1989
  • アンドリュー・サミュエルズ『ユングとポスト・ユンギアン』村本邦子共訳 創元社 1990
  • ジーン・シノダ・ボーレン『女はみんな女神』村本邦子共訳 新水社 1991
  • ハイデッガーメダルト・ボス編『ツォリコーン・ゼミナール』木村敏共訳 みすず書房 1991
  • アレクサンダー・ローエン『からだのスピリチュアリティ』国永史子共訳 春秋社 1994
  • マギー・ハイド,マイケル・マクギネス『ユング イラスト版』心交社 知的常識シリーズ 1994
  • ゲルハルト・ヴェーア『ユング伝』創元社 1994
  • マイロン・シャラフ『ウィルヘルム・ライヒ 生涯と業績』国永史子共訳 新水社 1996
  • バーバラ・ニューマン『ヒルデガルト・フォン・ビンゲン 女性的なるものの神学』新水社 1999
  • デマリス・S.ウェーア『ユングとフェミニズム 解放の元型』中村このゆ共訳 ミネルヴァ書房 2002
  • エドワード・ホフマン編『子どもに伝える父親たちの知恵』今西康子共訳 草思社 2003
  • ジェラルド・コウリー, マリアンネ・シュナイダー・コウリー,パトリック・キャラナン『援助専門家のための倫理問題ワークブック』監訳 浦谷計子,殿村直子訳 創元社 2004
  • エドワード・ホフマン『カバラー心理学 ユダヤ教神秘主義入門』今西康子共訳 人文書院 2006
  • トマス・F.ネイギー『APA倫理規準による心理学倫理問題事例集』監訳 浦谷計子訳 創元社 2007

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ researchmap
  3. ^ 小浜善信・長江裕芳・村本詔司教授記念号 神戸外大論叢 2014-03