村上肇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

村上 肇(むらかみ はじめ、1898年明治31年)1月15日 - 1978年昭和53年)8月21日)は元多芸村長、化学者である。岐阜県養老郡養老町橋爪出身。

人物概要[編集]

  • 東京農業大学卒業後、富田高等女学校の教壇に立ち、30歳の若さで多芸村長を勤めた。
  • 消防団長、在郷軍人分会長、村会議員等郷里の指導者として活躍し、日中戦争の際は昭和12年から昭和16年まで中国大陸を転戦し偉勲を立てる。
  • 帰郷後、再び応召して終戦まで内地に勤務した。
  • 戦後は将校(尉官としての指揮刀などを子孫が所有)だった為に、一時公職を追放されたが、昭和36年、37年度の日吉小学校PTA会長に推された。
  • 文化的教養が高く、特に松月堂古流の総会頭として其界の発展に尽力した。
  • 晩年は民生委員児童委員のほか、文化財保護協会理事、同・副会長、養老町文化財保護審議会委員、町史編纂委員として活躍した。
  • 人品よく、御大家の風格をそなえ、人に親切で世話をよくし、信望が厚かった。
  • 縁戚関係としては、子女が養老公園内の豆馬亭(元々の縁戚関係)や戸田新田藩当主家戸田氏昌(大垣戸田藩の支藩、子爵家)に嫁ぐ。

関連項目[編集]