杉田直樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
杉田 直樹
人物情報
生誕 (1887-09-03) 1887年9月3日
日本の旗 日本東京府
死没 1949年8月29日(1949-08-29)(61歳)
出身校 東京帝国大学
学問
研究分野 医学
研究機関 東京帝国大学名古屋大学
テンプレートを表示

杉田 直樹(すぎた なおき、1887年9月3日 - 1949年8月29日)は、日本の医学者、精神科医。

経歴[編集]

1887年、東京府生まれ。第一高等学校に入学し、高校在学時代の友人に谷崎潤一郎がいた。その後東京帝国大学に進学し卒業する。欧米に留学。帰国後に東京帝国大学助教授となり、松沢病院副院長。1931年名古屋医科大学教授、戦後名古屋大学教授となるがほどなく死去した。

家族・親族[編集]

妹の息子に小田切秀雄小田切進がいる[1]

著書[編集]

  • 臨牀神経病学総論 伊丹繁共編 金原商店 1915 
  • 最新精神病学 下田光造共著 克誠堂書店 1922 
  • 低能児及不良児の医学的考察 中文館書店 1923 
  • 神経症状の病理及療法 医海時報社 1923 (研究より実地へ)
  • 生殖と遺伝の原理並に其実際問題 警醒社書店 1923 (市民自由大学講座)
  • 大脳の生理及び病理 内外書房 1924 (内外思想叢書)
  • 異常児童の病理 内外書房 1924 (内外思想叢書)
  • 天才児の教育 白揚社 1924
  • 神経質児童の躾け方 白揚社 1925
  • 小精神病学 金原商店 1928 (教科用簡明医学叢書)
  • 医学と現代生活 春秋社 1930 (春秋文庫)
  • 優生学と犯罪及精神病 雄山閣 1932
  • 神経衰弱症 臨牀解説 金原商店 1934 
  • 治療教育学 児童教育講座 叢文閣 1935
  • 社会病理学 第1 不良少年篇 大日本図書 1936 
  • 神経性不眠症 臨牀医学講座 金原商店 1936
  • 民族の科学 三州閣 1942
  • 青年期の医学 男性篇 昭和書房 1942 (国民医学叢書)
  • 現代の精神分析 羽田書店 1947
  • ヒステリイ 日本医書出版 1947
  • 処女の書 日本学芸社 1948
  • 生活闘争の秘訣 秀水社 1948
  • いかに生きるか 秀水社 1949

参考[編集]

  • 日本人名大辞典 

脚注[編集]

  1. ^ 『大正期人物年表』第2巻、p.288(日外アソシエーツ、1987年)