杉原章郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

杉原 章郎(すぎはら あきお、1969年(昭和44年) - )は、広島県出身の実業家楽天の創業メンバー、楽天ブックス株式会社代表取締役社長、楽天常務執行役員CPO(Chief People Officer)、楽天グループ・エグゼクティブヴァイスプレジデントなどを務める。

経歴[編集]

1969年(昭和44年)広島県生まれ。広島市立安東小学校修道中学校を経て[1]、1988年(昭和63年)修道高等学校卒業。1994年(平成6年)慶應義塾大学総合政策学部卒業。1996年(平成8年)3月に慶應義塾大学大学院政策メディア研究科修士課程修了すると、インターネットシステムベンダーの会社有限会社アールシーエーを設立し、専務取締役としてLAN+Internetの導入をコンサルティングする事業を展開。1997年(平成9年)、楽天の創業に参画し、同年4月株式会社エム・ディー・エム(現楽天)に入社。初期の出店営業部門を立ち上げた。その後、取締役新規事業開発部長、取締役オークション部長、取締役EC事業カンパニー執行役員、株式会社デジパネットワークス代表取締役副社長、ブックスマーチャンダイジング事業本部長、ECプロデュース本部ショッピングナビゲーション推進室長を歴任。2000年(平成12年)楽天ブックス株式会社代表取締役社長、2008年(平成20年)楽天株式会社取締役常務執行役員開発部担当役員、2012年楽天株式会社グローバル人事部担当役員、2013年楽天ソシオビジネス株式会社代表取締役社長、2016年(平成28年)楽天株式会社常務執行役員グローバル人事部担当役員・CPO(Chief People Officer)、楽天グループ・エグゼクティブヴァイスプレジデントに就任[2][3][4]。同年3月株式会社クリムゾンフットボールクラブ取締役[5]

エピソード[編集]

筋金入りの英語嫌いで、英語が入試科目に無い慶応大学の総合政策学部を選んで受験した。2010年(平成22年)に楽天の三木谷浩史社長が「英語の社内公用語化」を打ち出した際は辞職を考えるほどであった。しかし三木谷はあえて杉原を英語化推進の担当役員に指名した。そこから2年間毎日コツコツ勉強し350点程度だったTOEICスコアは800点を突破した。この杉原の努力に多くの社員が励まされたという[6][7]

脚注[編集]

関連項目[編集]