朴恵淑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

朴 恵淑(パク ヘスク、1954年4月20日 - )は、韓国の環境地理学者。ソウル特別市出身。

梨花女子大学校師範大学校社会生活学科卒、同学科大学院修了。その後日本へと留学し、筑波大学大学院地球科学研究科博士課程を修了した。2000年より三重大学人文学部教授。2011年4月1日より三重大学の副学長となり、日本の国立大学において初めての外国人副学長となった。

学歴[編集]

  • 1978年 2月 - 韓国・梨花女子大学校師範大学社会生活学科地理専攻卒業
  • 1983年 2月 - 韓国・梨花女子大学校大学院社会生活学科地理専攻修了
  • 1987年 3月 - 筑波大学大学院博士課程地球科学研究科地理学・水文学専攻修了(理学博士)

職歴[編集]

  • 1987年 4月 - 筑波大学大学院環境化学研究科文部技官
  • 1988年 8月 - アメリカ合衆国テキサス州ヒューストン大学 地球科学研究科ポストドクトラル・フェロー
  • 1991年12月 - 筑波大学地球科学研究科外国人研究者
  • 1993年 4月 - 三菱化学生命科学研究所特別研究員
  • 1995年 4月 - 三重大学人文学部文化学科教授
  • 2011年 4月 - 三重大学理事・副学長

業績[編集]

著書[編集]

  • 『地球環境問題とは何か』 韓国図書出版タニム社(1995)

外部リンク[編集]