本間金之助 (2代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

二代目本間 金之助(ほんま きんのすけ、1845年3月17日弘化2年2月10日[1] - 1929年(昭和4年)1月14日)は、日本の政治家貴族院議員[1][2][3]、秋田県多額納税者[2][3][4]実業家第四十八銀行秋田貯蓄銀行各頭取[3][5]。北秋木材監査役[3]。族籍は秋田県平民[2][4]。旧姓・山内

来歴・人物[編集]

出羽国雄勝郡(現秋田県湯沢市)出身。山内三郎兵衛の三男[1][2][4]。辻兵吉の兄[2]。幼名は、山内由松。幼い頃より商才があった[1]戊辰の前後出て久保田城下(秋田市)に来て、独力雑貨を商い、多売薄利を主義として奮闘したため忽ち世間の信用を博した[1]1872年(明治5年)、本間金之助の養子となり、後家督を相続し[3][4]、二代目金之助を襲名。

貧しい家庭の子らのために私立の福田小学校を設立したり[5]、後の本金西武・秋田西武(現在の西武秋田店)の前身となる本金商店等を運営。

また、菅礼治退任後より第四十八銀行の頭取が長年空席となっていたが、1907年(明治40年)7月に本間が就任、旧秋田銀行と共同で設立した秋田貯蓄銀行頭取と共に何れも没するまで務めた[6]

1929年(昭和4年)1月14日死去[5]。墓所は秋田市の光明寺。

家族・親族[編集]

本間家

秋田市大町[2]

  • 養父・金之助[2]
  • 養子・永助(養兄・藤蔵の長男)[4]
1864年 -
  • 同妻・ミサ(秋田、加賀谷長兵衛の妹)[4]
1878年 -
1897年 -
  • 徳三郎(養子・永助の二男)[2]
1901年 -
  • 忠四郎(養子・永助の三男)[4]
1908年 -
  • シゲ(養子・永助の長女、養孫・長之助の妻)[2]
1899年 -
  • トヨ(養子・永助の二女、小川長右衛門の長男・辰之助の妻)[2]
1903年 -
  • クニ(養子・永助の三女、実弟・辻兵吉の孫・兵太郎の妻)[2]
1905年 -
  • 養孫・長之助(秋田、平田新之助の弟、孫・シゲの夫)[2]
1895年 -
親戚

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 『大正人名辞典』1781頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年11月3日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 『人事興信録 第7版』ほ46頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年11月3日閲覧。
  3. ^ a b c d e 『人事興信録 第8版』ホ54頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年11月3日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g 『人事興信録 第3版』ほ58頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年11月3日閲覧。
  5. ^ a b c 本間 金之助とはコトバンク。2018年11月3日閲覧。
  6. ^ 若松太平洞 『第四十八銀行史』 岡田盛直、1944年、本銀行の歷代役員47頁。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第3版』人事興信所、1903-1911年。
  • 東洋新報社編『大正人名辞典』東洋新報社、1917年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第7版』人事興信所、1925年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第8版』人事興信所、1928年。

関連項目[編集]

  • 辻兵 - 実の弟が婿入りし、2代目辻兵吉を襲名している。