本庄篤子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

本庄 篤子(ほんしょう あつこ、1955年3月 - )は日本ヴァイオリニスト福岡県北九州市出身[1]

本庄は、旧姓(庄は、土の部分に点が付く)。

経歴[編集]

東京藝術大学付属音楽高等学校、同大学音楽学部卒業。同大学院音楽研究科修士課程修了。NHK毎日新聞社主催全日本学生音楽コンクール西部1位。在学中よりNHK「新人演奏会」、NHK-FM/TV出演、藝大フィルハーモニア東京交響楽団新星日本交響楽団(現、東フィル)等とシベリウスメンデルスゾーンブルッフチャイコフスキーベートーヴェン協奏曲を協演。 1988・92年草月ホール、1999〜09年まで毎年、2013年、銀座王子ホールにてリサイタルを開催。 2004年「本庄篤子・リマト室内合奏団」を主宰し、毎年銀座王子ホールにてコンサートを開催(I〜XI)。これまでの演奏会、ライブ録音のCDは音楽専門誌の批評でも高く評価されている。 東京ゾリステンコンサートマスターとして、国内外で多数のコンサートに出演。 2011年、ハンスイェルク・シェレンベルガーベルリンフィル・元首席オーボエ奏者)と バッハ:オーボエとヴァイオリンの為の協奏曲を共演。 1986年より(公財)ニューフィルハーモニーオーケストラ千葉コンサートマスターを務め、現在に至る。その他「リマト室内合奏団」コンサートマスター、他オーケストラのゲストコンサートマスター、ソリスト室内楽奏者としても演奏活動を続けている。 2010年より うらやすジュニアオーケストラ音楽監督を務める。 兎束龍夫海野義雄、服部豊子、ジャン・ローラン森悠子に師事。ザルツブルクにてフランツ・サモヒルに師事。東京藝術大学にてアイザック・スターンミシェル・オークレールなどの公開レッスンを受ける。 2000年度千葉県文化功労者[2]

人物[編集]

夫は、伊藤行雄(ドイツ文学者慶應義塾大学名誉教授)。長男は、医師。

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ニューフィルハーモニー千葉ホームページ掲載のプロフィール
  2. ^ 日外アソシエーツ編『日本の演奏家―クラシック音楽の1400人』日外アソシエーツ : 紀伊國屋書店(発売) 2012年, p.494-495

外部リンク[編集]