末法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

末法(まっぽう)とは、仏教で、仏の教のみが存在して悟りに入る人がいない時期のこと。または、釈迦の死後1,500年(または2,000年)以降の時期のことである。

概説[編集]

末法というのは、正法(しょうぼう)、像法(ぞうぼう)の後に位置づけられている時期のことである。正法・像法・末法という三時(さんじ)のひとつである。

末法というのは、仏の在世から遠く隔たったため、教法が次第に微細・瑣末になり、僧侶が戒律を修めず、争いばかりを起こして邪見がはびこり、釈迦の仏教がその効力をなくしてしまう時期とされる。

三時の長さのとらえかたには諸説あり、一説には、正法 千年、像法千年、末法 一万年とされ[要出典]、多くはこの説をとっている。

大集経[編集]

三時または五箇の五百歳は大集経に説かれる。

「大覚世尊、月蔵菩薩に対して未来の時を定め給えり。所謂我が滅度の後の五百歳の中には解脱堅固、次の五百年には禅定堅固已上一千年、次の五百年には読誦多聞堅固、次の五百年には多造塔寺堅固已上二千年、次の五百年には我が法の中に於て闘諍言訟して白法隠没せん」
  • 第一の五百歳 解脱堅固…インドにおいて伽葉・阿難等が小乗教を弘めて、衆生がよく戒律を持ち小乗の解脱を得た。
  • 第二の五百歳 禅定堅固…インドにおいて竜樹・天親等が大乗教を弘めて、衆生がよく大乗を修行し、思惟・思索を行じた。
  • 第三の五百歳 読誦多聞堅固…仏教が東に流れて中国に渡り経典の翻訳や読誦、講説等が盛んに行われた。天台大師(智顗)が法華経の迹門を弘めた。
  • 第四の五百歳 多造塔寺堅固…仏教が東に流れて日本に渡り聖徳太子以来多くの寺塔が建てられた。伝教大師(最澄)が日本の仏教を統一し大乗戒壇を建てた。
  • 第五の五百歳 闘諍堅固・白法隠没…戦乱が激しくなり、釈迦の仏法が滅尽する。

日本では『末法燈明記[1]では1052年永承7年)に末法に入ったとされた[2]

脚注[編集]

  1. ^ なお、日蓮等の鎌倉仏教の多くの祖師は『末法燈明記』は最澄の著述だと定めているが、現在では『末法燈明記』は最澄に仮託して書かれた文献、つまり偽典と説明されることがある。 
  2. ^ 注 - 近年の仏教学では、釈迦入滅年に関しては諸説あるものの、確かなことは判っていない。

関連項目[編集]

関連文献[編集]