木村操 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

木村 操(きむら みさお 1927年? - 2007年9月6日[1]は、日本政治家谷田部町長つくば市長などを務めた。

経歴[編集]

1968年、谷田部町議に初当選、前町長が収賄容疑で起訴され辞任した1986年9月の町長選で初当選し就任した[2]筑波町桜村大穂町豊里町茎崎町との合併による旗振り役を務めた[1]。1987年11月30日、谷田部、大穂、豊里、桜の3町1村によりつくば市が誕生、1988年には筑波町もつくば市に編入された。合併後はつくば市助役を務め[3]、1991年12月22日につくば市長に初当選し1992年1月就任した[1]。1995年の市長選で再選を果たしたが買収容疑で逮捕され東京高等裁判所による執行猶予付き有罪判決を受けて[1]1996年に辞職した[4]

2007年9月6日、つくば市神郡の介護老人保健施設「豊浦」の西側敷地内で死亡した[5]つくば北警察署によるとベランダから誤って転落したものと見られている。

当初守谷町までの計画だったつくばエクスプレス(常磐新線)の筑波研究学園都市への延伸を実現するために用地買収などに取り組んだ[1]

息子の木村倉ノ助つくば市議会議員となり、2008年の市長選挙では現職の市原健一の対抗馬として出馬した対立候補の出陣式で「(父親が市長だった時代から続く)土建政治と決別するべき」と語った[6]

関連書籍[編集]

  • 『つくば報道』(常陽新聞)[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 星田こうじ (2007年9月7日). “訃報。”. 2010年9月11日閲覧。
  2. ^ つくば30年101人の証言”. joyo-net.com. 2010年9月11日閲覧。
  3. ^ 新聞記事にみるつくばみらい&TX&合併 平成3年”. 茨城新聞. つくばみらい市立図書館 (1991年12月24日). 2010年9月11日閲覧。
  4. ^ つくば市年表(市誕生~2000年)”. つくば市. 2010年2月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年9月11日閲覧。
  5. ^ 新聞記事にみるつくばみらい&TX 平成19年”. 常陽新聞. つくばみらい市立図書館 (2007年9月7日). 2010年9月11日閲覧。
  6. ^ 野口修(元つくば市議会議員) (2008年10月20日). “つくば市長選挙出陣式”. 2010年9月11日閲覧。
  7. ^ つくば報道
先代:
倉田弘
Flag of Tsukuba, Ibaraki.svg 茨城県つくば市長
第2代:1991年 - 1996年
次代:
藤澤順一