期待

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

期待(きたい、英:expectation)とは、何らかのことが実現するだろう、と望みつつ待つこと[1]。また、当てにして待つこと[2]

期待する気持ちのことは「期待感」と言う。期待どおりにならないことを「期待外れ」と言う。

ブリタニカ国際百科事典には、過去の経験あるいは現在の状況に基づき、ある現象や事件などが発生することを待ち続ける状態、行動の準備状態の一種で、大抵の場合は情緒的な緊張をもつ、とする説明文が掲載されている。

法律、法学[編集]

犯行があった当時に、行為者は適法な行為をすること(選ぶこと)ができたはずだと期待できることを期待可能性と言い、期待可能性がなければ刑事責任は問えない、とする学説の基礎になっている概念である。

一定の事実があれば何らかの法的な利益を期待することのなかでも、特に権利として認めて法的に保護しているものを期待権という。

性格・人格形成と親や大人からの期待[編集]

依田明は、(日本などでは[注 1])出生順位によって性格に差ができることについて「長子に対する期待と 次子に対する期待が同じでないからである」と分析し、「親は、長子らしい行動と次子らしい行動を区別している。男らしさ女らしさ と言われる性格が、男子への期待と女子への期待の相違によって形成されるのと同様に、長子的性格・次子的性格も形成される」とした。[3]

新堀通也によると、子供は社会からの期待のなかで生きがいを見いだし、この期待に応えることを学習することによって社会的に成長してゆく、とのことである。子供が成人し社会の正規の成員になるためには、社会が成人に対して要求し容認することは何なのかを理解・受容する過程を経る必要がある。成人の側からの期待と、子供の側から行われる役割取得との間の相互作用の過程は、ある種の対立や葛藤抑圧を伴っている。その結果、青少年を激しい欲求不満に状態にしたり、成人への反抗をひき出すこともある、という。[4]

教育[編集]

学習過程の説明について、学習の成立は、何らかのサインが存在するとき、ある行動ルートをとれば目標に達するという期待を持つ事である、とした期待説を唱える人もいる[5]

参考資料[編集]

  • ブリタニカ国際大百科事典 小項目版(TBSブリタニカ、1993年)

脚注[編集]

  1. ^ 大辞泉
  2. ^ 大辞泉
  3. ^ 『幼児・児童心理学』谷田貝公昭、林邦雄、成田国英 編集、一藝社、2001年。p.88
  4. ^ 新堀通也『現代教育の争点: 対決から対話へ』日本経済新聞社、1976年。
  5. ^ ブリタニカ
  1. ^ 韓国や日本では、兄弟姉妹の生まれた順によって性格が異なることが一般的であるのに対して、アメリカ合衆国などでは兄弟の順で(日本ほどは)差をつけることは稀で、兄弟であまり扱いが変わらず、日本などのような「長子的性格」、「次男的性格」などはあまり存在しない、と指摘されることがある。韓国や日本でのそれは、儒教的な、年齢での序列を強調する考え方の影響が指摘されることがある。

関連項目[編集]