有馬頼旨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
有馬頼旨
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 貞享2年6月3日1685年7月4日
死没 宝永3年4月8日1706年5月19日
別名 万吉(幼名)
戒名 昌林院
墓所 東京都渋谷区広尾の祥雲寺
官位 従四位下、筑後
幕府 江戸幕府
主君 徳川綱吉
筑後久留米藩
氏族 摂津有馬氏
父母 父:有馬頼元、母:小野氏
兄弟 頼旨、娘(越前松平基知正室)、娘(宗義方正室)、娘(酒井忠音正室)、娘(本庄資訓正室)
正室:なし
養子:則維

有馬 頼旨(ありま よりむね)は、筑後久留米藩の第5代藩主。久留米藩有馬家6代。

生涯[編集]

第4代藩主・有馬頼元の次男。母は小野氏。生涯独身で、正室・側室はなし。

父の死後に家督を継ぐが、宝永3年(1706年)4月8日に22歳で死去した。子はなく、末期養子則維が跡を継いだ。