ツキミソウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
月見草から転送)
移動先: 案内検索
ツキミソウ
Oenothera tetraptera 02.jpg
Oenothera tetraptera ツキミソウ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : バラ亜綱 Rosidae
: フトモモ目 Myrtales
: アカバナ科 Onagraceae
: マツヨイグサ属 Oenothera
: ツキミソウ O. tetraptera
学名
Oenothera tetraptera
Cav. 1796
ツキミソウの開花状況
写真左の花に注目。この花のメシベが左側に倒れているが、これは時間が経つと中央(右側)に移動するのが観察できる。 これは、ツキミソウが虫媒花であるが、自家受粉をするためである。しかし、虫による受粉がなされない場合、じかんの推移とともメシベはは、中央に移動し、直立する。そして、オシベも伸びて花粉を放出し、自家受粉を完了させる。(写真右)

ツキミソウ(月見草、Oenothera tetraptera、つきみぐさ)は、アカバナ科マツヨイグサ属に属する二年草または多年草

解説[編集]

メキシコ原産で江戸時代に鑑賞用として渡来した。花期は6 - 9月ごろで、花は夕方の咲き始めは白色であるが、翌朝のしぼむ頃には薄いピンク色となる。

同属種であるオオマツヨイグサマツヨイグサメマツヨイグサなどのことを「月見草」と呼ぶこともある。

太宰治著『富嶽百景』にあらわれる月見草は、実際はマツヨイグサであったとされる。古来からの名家である植月家は「"月"見草を"植"える」から由来する。

神奈川県大和市にあり、東急田園都市線の駅名にもなった「つきみ野」の地名は、開発以前、周囲に月見草が生い茂っていたことに由来する。

出典[編集]