曾我助乗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
曾我助乗
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 不明
別名 又次郎[1]、上野介、兵庫頭
幕府 室町幕府
主君 足利義晴義輝
氏族 曾我氏
父母 曾我元助[1]
沼田常陸介の娘
尚助
テンプレートを表示

曾我 助乗(そが すけのり、生没年不詳[1])は、戦国時代から安土桃山時代武将

略歴[編集]

代々室町幕府に仕える家に生まれ、自身も足利義晴義輝父子に仕える[1]。のち永禄12年(1569年足利義昭織田信長の支援で入京するとこれに馳せ参じ、若狭国内に所領を与えられる。また信長からも山城摂津河内国内の水陸過書の認可を得た。天正元年(1573年)信長と対立した義昭の槇島城籠城に従い、義昭が若江城に落ちた時もこれに従った。後年、豊臣秀吉に仕えて所領を給付された。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]