曾侯乙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
曾侯乙 姫乙
王朝
在位期間 不明 - 紀元前433年4月1日
姓・諱 姫 乙
生年 紀元前477年
没年 紀元前433年4月1日

曾侯乙(そうこういつ、そこうおつ、紀元前477年頃 - 紀元前433年4月1日)は、戦国の君主[1][2]。名前は姫 乙(き いつ)。

生涯[編集]

史書に記載はないが1978年曾侯乙墓から発掘された銘文[1]には死没の日が「三日甲寅」とあり、紀元前433年4月1日に45歳前後で死去したと見られている。

曾侯乙墓からは生活用品、礼器、兵器、竹簡等といった貴重な文物が大量に出土した[2]。その中でも国家一級文物中国語版に指定された編鐘中国語版が最も著名であり、上海国際博覧会で展示された。

出典[編集]

  1. ^ a b 石黒 1992, p. 34
  2. ^ a b ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典. “曾侯乙墓”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2020年7月10日閲覧。

参考資料[編集]