曽根城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
曽根城
岐阜県
曽根城城址碑
曽根城城址碑
城郭構造 平城
天守構造 不明
築城主 稲葉一鉄
築城年 永禄年間(1558年 - 1569年
主な城主 稲葉一鉄、稲葉貞通西尾光教
廃城年 慶長5年(1601年
遺構 石垣、土塁(発掘後保存埋蔵)
指定文化財 市指定史跡[1]
位置 北緯35度24分14.11秒
東経136度37分11.18秒
地図
曽根城の位置(岐阜県内)
曽根城
曽根城

曽根城(そねじょう)は、現在の岐阜県大垣市にあった戦国時代日本の城である。大垣市指定史跡曾根城とも表記される。春日局ゆかりの地である。

概要[編集]

後述の華渓寺所蔵の「濃州曽根古城跡図」によれば、本丸の東に二の丸があり、内堀と外堀、城下町を囲む惣堀を備え、家老屋敷、侍屋敷、町屋などが並んでいたとみられる[2]。本丸は1000坪、二の丸を含めると4,000ないし5,000坪の規模だったと推定されている[2]

歴史[編集]

春日局との関係[編集]

所在地[編集]

  • 岐阜県大垣市曽根町1丁目

現在[編集]

  • 本丸址には現在華渓寺という寺院がある。この寺は、稲葉一鉄が母親の菩提寺として建立した寺である。1734年享保19年)にこの地に移転した[2]
  • 1989年の発掘調査の結果、石垣、土塁などが発見されている。これらは保存のため埋め戻され、地上に復元されている[3]
  • 当地出身の江戸時代漢詩人梁川星巌とその妻紅蘭を記念した、梁川星巌記念館がある。

曽根城公園[編集]

  • 一帯は曽根城公園として整備されている[4]。約20,000m2の敷地に約4,000m2の池(湿地)があり、約80種、約1万6千株のハナショウブがある。
  • 毎年6月上旬、曽根城花しょうぶ祭が開催される。
  • 天然記念物ハリヨの生息地である。

画像[編集]

交通機関[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 指定文化財一覧表 (PDF)”. 大垣市. 2014年8月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年9月18日閲覧。
  2. ^ a b c 『日本城郭体系』9、新人物往来社、1979年、418頁。
  3. ^ 大垣市・大垣市教育委員会による現地説明板による。
  4. ^ 曽根城公園”. 大垣市. 2012年9月18日閲覧。

関連項目[編集]