晴山館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
晴山館
岩手県
城郭構造 平山城
天守構造 なし
築城主 不明
築城年 不明
主な城主 晴山治部少輔
廃城年 1592年(天正20年)頃
遺構 主郭、東郭、二の郭、堀跡
指定文化財 未指定
位置 北緯40度20分15.9秒 東経141度24分50.6秒 / 北緯40.337750度 東経141.414056度 / 40.337750; 141.414056座標: 北緯40度20分15.9秒 東経141度24分50.6秒 / 北緯40.337750度 東経141.414056度 / 40.337750; 141.414056
地図
晴山館の位置(岩手県内)
晴山館
晴山館
主郭からの眺め(2020.7.25)
堀址(2020.7.25)

晴山館(はれやまたて)は、岩手県九戸郡軽米町に所在した日本の城


概要[編集]

晴山館は戦国期の平山城で、九戸郡晴山村(現 九戸郡軽米町晴山第7地割)に所在した。ふもとに位置する高館と称される平場(晴山小学校跡地)が日常の居城と思われる。 現在は、畑となっており、主郭・東郭・二の郭・堀跡が残っている。

歴史[編集]

晴山氏の居城で、九戸政実の乱で活躍した晴山治部少輔の居城とされる。晴山館はこの地域で最大規模の城館跡であり、館は大きく3郭で構成されている。東西約80メートル、南北約100メートルで、そばを流れる瀬月内川との比高は45メートルである。 出土品として中国の渡来銭があり、まとまって発見された。また中国産の青磁破片も採取されている。 築城時期は不明である。晴山氏は出自や事績が不明である(九戸氏の一族とする資料もあるが他の資料から断定出来ない。また、祖先が晴山治部少輔であるという久慈市の晴山家の伝承によると、京都から奥州に下り晴山村に土着し城を築いたと伝えるが口伝であり断定出来ない)が、晴山治部少輔は九戸方の大将格であり、一戸城に夜襲をかけたときの大将となったほか、鯖内坂では堀尾吉晴軍の軍勢を撃破し井伊直政軍に敗れている。 また、一族とされる晴山玄蕃は、九戸政実が降伏したときに政実に従って城外に出た1人とされる。 九戸政実の乱の後、廃城となった。

晴山館は猿越峠を控えた軍事上の要衝であり、九戸政実の乱では九戸城の背後を牽制する位置にあった。

関連項目[編集]


参考文献[編集]

  • 「角川日本姓氏歴史人物大辞典」編纂委員会『角川日本姓氏歴史人物大辞典 第3巻 「岩手県姓氏歴史人物大辞典」』角川書店、1998年5月18日。ISBN 4-04-002030-8
  • 岩手縣教育會九戸郡部會『九戸郡誌』臨川書店、1986年11月10日。

外部リンク[編集]