是-ZE-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
是 -ZE-
ジャンル ボーイズラブ
漫画
作者 志水ゆき
出版社 新書館
掲載誌 ディアプラス(Dear+)
レーベル ディアプラス・コミックス
発表号 2004年4月号 - 2011年5月号
発表期間 2004年3月11日 - 2011年4月14日
巻数 全11巻
話数 全60話
テンプレート - ノート

是 -ZE-』(ぜ)は、志水ゆきによる日本BL漫画作品。全11巻。

概要[編集]

ディアプラス(Dear+)』(新書館)にて2004年4月号より2011年5月号まで連載。単行本はディアプラス・コミックスより全11巻が発売された。その他、2010年に『是 -ZE- ファンブック』、2012年 に『是 -ZE- 画集 いろのほん』、そして全員サービスコミックペーパーなどに書き下ろされたスピンオフを収録した『是 -ZE- かみのほん』が発売されている。主人公は七川・J・雷蔵だが、各巻メインキャラクターが異なり、主に1巻・2巻雷蔵&紺編、3巻・4巻玄間&氷見編、5巻・6巻守夜&隆成編、 7巻・8巻近衛&琴葉編、9巻彰伊&阿沙利編、10巻・11巻和記編で構成されている。

あらすじ[編集]

天涯孤独の少年・七川・J・雷蔵は、和記邸という屋敷のハウスキーパーになり、そこで出会った男性・紺に恋をした。だが、紺には秘密があった。

登場人物[編集]

※声の記述はドラマCD版のもの。

雷蔵&紺編[編集]

七川・J・雷蔵(しちかわ・ジョン・らいぞう)
声 - 鳥海浩輔
主人公。幼い頃に両親、その後祖母を亡くし、天涯孤独となった調理師専門学校生。母親の連れ子であり、父親&祖母との血のつながりはない。金髪碧眼な日本人。
相続税が払えず家を失い、八代玄間の紹介で和記邸にハウスキーパーとして居候。紺に一目惚れし、現在は恋人同士(?)。
紺(こん)
声 - 福山潤
特定の言霊師を持たない紙様。存在する意味を欲し、玄間から客を取り仕事の依頼を受けていた。恋愛感情には疎い。雷蔵とは恋人同士(?)。
三刀彰伊(みとう しょうい)
声 - 森川智之
三刀家当主で言霊師。琴葉の次に強い言霊師。琴葉の兄。兄弟そろって口下手で弟との会話は目で語ることが多い。
阿沙利(あさり)
声 - 千葉進歩
力一のために最初に作られた紙様であり、現・彰伊の紙様。何かと他の紙様を気にかけている。女王気質。白紙になるも、和記により再生された。
三刀琴葉(みとう ことは)
声 - 緑川光
三刀家一の言霊師で、幼いころは座敷牢に閉じ込められて育った。普段は口数が少なく大人しいが、怒らせると手が付けられない。彰伊の弟。だが、血縁的には彰伊の従弟(もしくは、従姉の息子)。和記邸に居候している。アイスが好き。
近衛(このえ)
声 - 中井和哉
酒蔵一つ分の美味い酒と引き換えに作られた元・力一の紙様。現・琴葉の紙様。琴葉の保護者的存在。子供の扱いが得意。
三刀櫻花(みとう おうか)
声 - 神谷浩史
百合卍探偵社の所長。男前な女性。よくコスプレしている。姉と弟がいるが、二人とも性別・年齢不詳な恰好(コスプレ)をしている。
紅緒(べにお)
声 - 吉住梢
元・吟香の紙様で、現・櫻花の紙様。主同様、コスプレ姿でいることが多い。
吉原和記(よしわら わき)
声 - 一条和矢
紙様達の生みの親である人形師で、和記邸主人。
三刀秋光(みとう あきみつ)
元・紺の言霊師。母親のプレッシャーに耐えられず、紺が来る前に言霊を使い命を落とす。
吟香(ぎんか)
秋光の母親。元・言霊使い。秋光の死を受け入れられず発狂する。

玄間&氷見編[編集]

八代玄間(やしろ げんま)
声 - 三宅健太
幼い頃、父親に家を追い出された。母親姓の「八代」を名乗っている。八代不動産を営んでおり、言霊を使用し荒稼ぎしている。
成間の死後、遺産を相続し、氷見の主となる。
氷見(ひみ)
声 - 平川大輔
元・成間の紙様で、現・玄間の紙様。無表情。玄間を庇い魄死するが、和記によって再生される。再生後は記憶を失い表情が豊かになる。
三刀成間(みとう せいま)
玄間の父親で、元・氷見の主。
並川千鳥(なみかわ ちどり)
ヤクザの一人娘。八代不動産に勤めている。
生井(なまい)
成間の主治医。治療費と引き換えに、氷見に治療を依頼していた。玄間により右腕を折られ、復讐する。
三刀月斗(みとう つきと)& 三刀星司(みとう せいじ)
声‐ 中村悠一 & 鈴木達央
2人とも二卵性双生児であり、アイドル声優。双子故に力も弱く、同時に喋らなければ言霊は使えない。
初陽(はつひ)
声‐梶裕貴
月斗と星司の紙様。

守夜&隆成編[編集]

北村隆成(きたむら りゅうせい)
声 - 小野大輔
かつて自らの言霊で母親を殺したからか、言霊を使うことを拒んでいる。守夜曰く、「下品で大雑把。豪胆な癖に繊細。女子供に甘く、身内にはもっと甘い」。氷見にちょっかいを出しては、玄間に酔いつぶされている。守夜と共に一巻が初登場だが、この時点では名前を明かしていなかった(その後、三巻のメンテナンスの話で名前が出てくる)。
守夜(もりや)
声 - 子安武人
隆成の紙様。特技はピアノ。肉体労働には向いていない。「私の主となっていただきたい」と隆成に言ったせいで、言霊様関係のことを知らない人間から「スレイブ(奴隷)志願」「M男」などと、勘違いされている。実際はサディスト気味。
十麻子(とまこ)
隆成の幼馴染。あけっぴろげで、隆成の部屋で堂々と下着姿でうろつく。
竹脇一夫(たけわき かずお)
通称タケ。隆成の下で働いている。
竹脇洋次(たけわき ようじ)
タケの弟。
リリー
「CLUB BUTTERFLY」勤務。オカマで隆成の母親代わりでもある。
盛山(もりやま)
万引きを注意した洋次に暴力を振るい、意識不明にさせる。父親は官僚。隆成の言霊によって殺される。

和記編[編集]

三刀力一(みとう りきいち)
声 - 小西克幸
最強の言霊師。
真鉄(まがね)
声‐下野紘
力一の神様。和記が助けた狼の牙が混ざったため、人間と狼の性質を合わせ持つ。
三刀宇多(みとう うた)
力一の妹で、彰伊の母親。
三刀千乃(みとう ゆきの)
力一の一人娘で、琴葉の母親。
白波瀬(しらはぜ)
宇多のために作られた神様。
三刀貴光(みとう たかみつ)
千乃の夫。力一&千乃が亡くなった後、当主代理を務める。琴葉の父親。
穂積(ほづみ)
彰伊の父親。貴光の弟でもある。

用語[編集]

言霊師
言霊を操る人。他人を呪い殺したり、病気にしたり、不幸にすることが出来る。相手に不幸をもたらす言葉は邪悪であればある程、言った本人に返る。
紙様
言霊師の身代わりとなり、傷や災厄を引き受ける存在。「主の傷を貰い受けその身を守ること」を使命としている。人型だが100%天然パルプの紙で出来ている。水に弱い。
仕える主がいない場合は「白紙」に戻される。
白紙
紙人形のサイズの状態。仕える主がいない場合、白紙の状態で保存される。白紙に戻る前、一生に一度だけ紙様は涙を流す。
魄死
人形の核が破壊された場合、人型を保てなくなり「魄死」となる。
隠れ蓑
狐面と白装束のセット。三刀家の血筋と紙様から姿を隠せる。

ドラマCD[編集]

  • 是 -ZE- 1 雷蔵篇
  • 是 -ZE- 2 玄間篇
  • 是 -ZE- 3 守夜篇
  • 是 -ZE- 4 近衛篇
  • 是 -ZE- 5 彰伊篇
  • 是 -ZE- 6 FINAL 和記篇
  • 是 -ZE- 雉も鳴かずば撃たれまい。
  • 是 -ZE- 双子と台本読み篇
  • 是 -ZE- 夜を守る
  • 是 -ZE- 甘いごほうび
  • 是 -ZE- 春も宵宵
  • 是 -ZE- 睦言は明けてもなほ

スタッフ[編集]