明方ハム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:建物外観・商品実物の画像提供をお願いします。2014年3月

明方ハム(みょうがたハム)は、岐阜県郡上市八幡町旭1486-1にある、JAめぐみのが経営する「めぐみの農業協同組合食肉加工事業所」の通称であり、この事業所で生産されているハムである。

明方ハムの特徴[編集]

国産豚肉100%使用し、添加物や保存料を極力使用していないプレスハムである。

かつてはハムのみの単一商品を扱っていたが、最近は焼豚・ボロニアソーセージ醤油フランクなど、製品バリエーションが増加している。

歴史[編集]

  • 1953年(昭和28年) - 畜産振興と山間地の食改善を目的として、岐阜県郡上郡奥明方村(後の明方村明宝村、現郡上市)の奥明方農協加工所で明方ハムの名で生産開始。主に郡上郡八幡町(現郡上市)で販売。
  • 1980年(昭和55年) - NHK明るい農村で紹介された事より全国に名が知られる。
  • 1986年(昭和61年) - 郡上農業協同組合(当時)は事業拡大の為、就業人口の多い郡上郡八幡町への工場移設を決定する。これに対し明方村は反対し、第3セクター方式での工場を計画する(後の明宝ハム)。
  • 1988年(昭和63年) - 郡上農協による新工場完成。明方ハムとして生産。
  • 2003年(平成15年) - 岐阜県中濃地域の農協合併によりJAめぐみのが母体となる。

明方ハムと明宝ハムの違い[編集]

現在、明方ハムと明宝ハム(めいほうハム)の両方が存在する。歴史でもわかるように、元々は同じ物であった。農協(現JAめぐみの)が中心となって展開したのが、めぐみの農業協同組合食肉加工事業所が製造する明方ハムであり、明方村(後の明宝村、現郡上市)が中心となって展開したのが、明宝特産物加工株式会社が製造する明宝ハムである。

明宝ハムは全国的に展開されているが、明方ハムは殆どが岐阜県内でしか流通しないという。明方ハムは希少価値をつけるためにあえて生産数を制限していた。上述のNHKの明るい農村で紹介された時も、番組の演出(やらせ)でなかなか販路が広がらないような紹介をされていたが、実際には各地の販売店から引く手あまたの状態であった。そのため郡上郡(現郡上市)外では、希望小売価格の数百円増しのプレミア価格で販売されていた。このように人気がありながら、あえて増産を控える農協の方針に対する地元民の不満も、後に明宝ハムが誕生する遠因となった。

提供番組[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度45分37.5秒 東経136度58分59秒