旧三觜八郎右衛門家住宅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 旧三觜八郎右衛門家住宅
Mitsuhashi Mon (1).JPG
旧三觜八郎右衛門家住宅門 2015.6.15
施設情報
専門分野 郷土史
事業主体 藤沢市
開館 毎週水曜、土曜 午前10時〜午後3時[1]
所在地 251-0056
神奈川県藤沢市羽鳥3-1039-1
位置 北緯35度20分42.5秒
東経139度27分27.61秒
座標: 北緯35度20分42.5秒 東経139度27分27.61秒
プロジェクト:GLAM
旧三觜八郎右衛門家住宅前の庭

旧三觜八郎右衛門家住宅(きゅうみつはしはちろうえもんけじゅうたく)は、神奈川県藤沢市羽鳥にある歴史的建造物。国の登録有形文化財に登録されている[2]

概要[編集]

三觜家付近の東海道沿いの集落一帯は江戸時代から明治中期まで羽鳥村と呼ばれ[3]、三觜家は江戸時代には100石以上の高持(本百姓)で代々八郎右衛門を名乗り、羽鳥村の名主を務め、羽鳥村の農民の4分の3と小作してもらう関係を結んでいたという。

11代目は明治初期の高座郡羽鳥村の初代村長を務めた。13代目八郎右衛門は、小笠原東陽を招き学校を開いていたところ、明治5年に学制が布かれると「耕余学舎」という名の小学校に認定された。明治10年に東陽が、私塾を新設するときは三觜八郎右衛門も援助した。その「耕余塾」から各界へ多くの人材が輩出され、その中に後に内閣総理大臣となった吉田茂や、味の素を創設した鈴木三郎助などがいるという。2013年平成25年)に主屋、門、石塀が国の登録有形文化財に登録された。


アクセス[編集]

JR東日本東海道本線辻堂駅から、徒歩で30分[4]

脚注[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]