日野内光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
日野内光
時代 戦国時代
生誕 延徳1年(1489年
死没 大永7年2月13日1527年3月15日
改名 高光→澄光→内光
戒名 後広寿院花谷道栄
官位 正三位権大納言従一位左大臣
主君 後柏原天皇後奈良天皇
足利義澄義晴
氏族 徳大寺家日野家
父母 父:徳大寺実淳、養父:日野政資
兄弟 徳大寺維子徳大寺公胤内光久我通言
正室:畠山尚順の娘
晴光
テンプレートを表示

日野 内光(ひの うちみつ)は、戦国時代公卿藤原北家閑院流庶流徳大寺家13代・徳大寺実淳の次男。官位正三位権大納言従一位左大臣日野家26代当主。

経歴[編集]

明応4年(1495年)、日野家24代・日野勝光の子・政資が嗣子なくして没し、その生前の遺言によって養子に入り日野家を継いだ。

それよりまもなく元服したものと思われ、日野家の慣例に倣って11代将軍・足利義高(義澄)偏諱を受け日野高光(たかみつ)、文亀2年(1502年)7月には義高から改名した義澄より重ねて1字を与えられて日野澄光(すみみつ)を名乗ったが、義澄が辞職し前将軍の足利義稙が将軍に復職すると(永正5年(1508年))、後に内光に改名している。義稙の復帰を助けた一人である細川高国は内光の従甥(叔母の孫)で縁戚関係にあり、内光自身もこの頃には義稙寄りで、改名の理由もそのためであったと考えられる。

大永1年(1521年)には参議左大弁に任ぜられ、従三位に叙任。大永3年(1523年)には権中納言となり、正三位に叙任。更に大永6年(1526年)には権大納言となり、ここまで順調に昇進を重ねた。大永7年(1527年)の桂川原の戦いで内光は細川高国側(=12代将軍・足利義晴(義澄の子)側)について敗北し、敗走する途中で討ち死にした。享年39。

内光死後の永禄2年(1559年)には左大臣を追贈(併せて従一位を追贈、『瑞光院記』による)される。尚、それより前の天文24年(1555年)には跡を継いだ子・晴光やその実子・晴資も早世して内光の系統は断絶しており、広橋家から輝資が養子入りしている。

出典[編集]

  • 『朝日日本歴史人物事典』
  • 『瑞光院記』

外部リンク[編集]