日産・ピンターラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ピンターラ(pintara)は、日産自動車がかつてオーストラリアで販売していた車種。

歴史[編集]

初代(1986年-1989年)[編集]

初代ピンターラセダン
初代ピンターラワゴン

R31型スカイラインの現地生産モデル。ボディタイプは4ドアセダンとステーションワゴンの2種類のラインアップがあり、搭載エンジンは現地製のCA20E型2000ccエンジンを搭載していた。尚、6気筒モデルはスカイラインとして発売されていた。これまで販売されてきたセドリック(230~430型までDATSUN220C~280C)の輸入終了に伴う代替車種の一環で誕生したスカイラインTI3.0L(RB30E)は、日本国内にはない高級なデザインと走り(むしろローレルと同様)こそが売りであった。日本のGT路線とは対照的で、装備などもローレルメダリストに近い。それより下のグレードにはGX、シルエットも用意されていた。1989年のセフィーロ出現に伴い、2代目以降6気筒モデルは終了した。

2代目(1989年-1993年)[編集]

2代目ピンターラハッチバック
2代目ピンターラセダン TR-X

U12型ブルーバードの現地生産モデルとなり(910型以来、2世代ぶりにブルーバードが現地生産されたことにもなる)、同時に、駆動方式が先代のFRからFFへ変更された。搭載エンジンはCA20E型2000ccの他、KA24E型2400ccの設定もあり、910型ブルーバードの時と同様、スポーツグレードには「TR-X」の名が与えられた。

また、このモデルはバトンプラン(ボタンプランとも)によってオーストラリア国内のフォードにも「コルセア」の名でOEM供給された。

ボディタイプは4ドアセダンと5ドアハッチバックの2種類のラインアップがあった。2.0Lの5ドアハッチバックモデルは日本へ「ブルーバード オーズィー」の名で輸出されたが、基本的にオーストラリア現地仕様のままだったため日本での保守整備面への配慮が欠け、中でもエアコンは日本向けパーツを利用した修理が不可という致命的な問題があり、人気は当初から低迷した。輸入台数は1,300台弱に留まる。

1993年には日産のオーストラリア工場閉鎖の為、コルセアと共に生産中止となった。

関連項目[編集]