日潮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日潮(にっちょう、延宝2年12月18日1675年1月13日) - 寛延元年9月20日1748年10月12日))は、江戸時代日蓮宗。字を海音、六牙院と号す。山城国(現在の京都府)出身。

経歴[編集]

六老僧の一人日持に憬れて山城国松ヶ崎檀林で出家し、下総国(現在の千葉県飯高檀林などで学ぶ。陸奥国(現在の宮城県仙台孝勝寺貫首や、下総国の飯高檀林化主などを経て、元文元年(1736年)には甲斐国(現在の山梨県身延山久遠寺36世法主に就任した。

参考資料[編集]

著書[編集]

  • 「本化別頭仏祖統記」

外部リンク[編集]

関連項目[編集]