日枝神社 (沼津市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日枝神社
(沼津日枝神社)
所在地 静岡県沼津市平町7-24
位置 北緯35度6分4秒 東経138度52分8秒 / 北緯35.10111度 東経138.86889度 / 35.10111; 138.86889座標: 北緯35度6分4秒 東経138度52分8秒 / 北緯35.10111度 東経138.86889度 / 35.10111; 138.86889
主祭神 大山咋神
社格 県社
創建 永長元年(1096年
別名 山王 (さんのう) さん
例祭 9月23日〜24日
テンプレートを表示

日枝神社(ひえじんじゃ)[1]は、静岡県沼津市平町にある神社。他の地域の日枝神社と区別がしやすいように、分かりやすく地名を冠して、沼津日枝神社(ぬまづ ひえじんじゃ)と称されることもある[2][3]

歴史[編集]

1096年永長元年)に創建された。当地は関白藤原師通荘園「大岡荘」であった。1095年嘉保2年)、源義綱延暦寺日吉社の関係者を殺害する事件を起こした。義綱の主君である師通は両寺社の訴えを拒絶したため、両寺社の呪詛により38歳で亡くなった。京極北政所(師通の母)は両寺社の恨みを和らげるため、当地に日吉社の分霊を勧請して神社を創建し、88を寄進することになった。これが当社の起源である[4][5]

明治になるまで、当社は22か村の総鎮守であった[5]。明治以降の近代社格制度では、1873年明治6年)に郷社となり、1926年大正15年)には県社に昇格した[1]

祭神[編集]

境内[編集]

  • 社殿(本殿・相殿・拝殿)
  • 宝物庫
  • 社務所
  • 手水舎
  • 記念碑
  • 松尾芭蕉句碑
  • 御神木(シイの木)
  • 三春の滝桜・山王さんの桜
  • 表参道大鳥居・石造鳥居

境内社[編集]

文化財[編集]

  • 紙本著色山王霊験記(重要文化財 昭和15年2月26日指定)[6]

祭事[編集]

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 日枝神社 - 静岡県神社庁
  2. ^ 沼津日枝神社 山王さん(公式サイト)
  3. ^ 沼津日枝神社 - 一休.com
  4. ^ 山王さんについて日枝神社
  5. ^ a b 静岡県日本史教育研究会 編『静岡県の歴史散歩(歴史散歩22)』山川出版社、2006年、91-92p
  6. ^ 紙本著色山王霊験記文化庁

参考文献[編集]

  • 静岡県日本史教育研究会 編『静岡県の歴史散歩(歴史散歩22)』山川出版社、2006年

外部リンク[編集]