日本航空羽田空港墜落事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本航空 訓練機
Aircraft Accident Convair 880.jpg
墜落したJA8030(垂直尾翼のロゴは日本国内航空
出来事の概要
日付 1966年8月26日
概要 パイロットエラーによる墜落事故
現場 日本の旗 日本羽田空港
乗客数 0
乗員数 5
負傷者数
(死者除く)
0
死者数 5 (全員)
生存者数 0
機種 コンベア880
運用者 日本の旗 日本航空(JAL)
機体記号 JA8030
出発地 東京国際空港
目的地 北海道
テンプレートを表示

日本航空羽田空港墜落事故(にほんこうくうはねだくうこうついらくじこ)は、1966年に起きた航空事故である。コンベア880-22M(機体記号JA8030)が、羽田空港から離陸直後に墜落炎上したもので、乗員訓練飛行につき乗客の搭乗はなかったが、同社員4名と運輸省(現・国土交通省)航空局職員1名の5名全員が犠牲になった。

事故の概略[編集]

日本航空のコンベア880 (同型機、ロサンゼルス空港にて撮影、ロゴ:「AYAME」)

事故機JA8030(コンベア社生産番号:22-00-45M・銀座号)は日本国内航空から日本航空にリース中の機体で、所有権は日本国内航空に残されたままだった。この機体は1961年に製造され、スイス航空にHB-ICMとして納入されたが、1年弱使ったのみで売却され米国内でストアされていたものを1965年に購入したものであった。

1966年8月26日、銀座号は、午前に羽田から北海道へ往復飛行を行い、午後からは羽田空港で離着陸訓練を行うことになった。当日羽田空港のA滑走路(旧)が工事により閉鎖されていたため、平行するC滑走路(旧)から離陸しようとしていた。この飛行は操縦員の機種限定変更試験のためであった。

午後2時35分、試験項目の一つであるワン・エンジン・クリティカル・カット・アウト(離陸時にエンジン一発故障の想定で離陸続行)で、滑走中に第4エンジンが手動停止された。この操作によって風下の外側の推力がゼロとなり、機体は急激に片滑りしはじめた。目撃証言によれば、C滑走路から右へ逸脱しはじめ、左車輪が折れてC滑走路とA滑走路の間で左向きになったうえで、右車輪も折れてしまった。その衝撃で胴体着陸して爆発炎上し、乗員が脱出する時間もないまま全焼した。

事故原因は、前述の操作が困難な機体に加え、訓練生のミスも誘発されて離陸直後の墜落に至ったとされている。なお、民間人がこの時の様子を写真に収めたものが新聞に掲載され、NHKニュースでは、民間人が8ミリ映画で撮影した墜落の瞬間が放送された。

その他[編集]

日本国内航空から日本航空にリースされていたボーイング727は、1972年に全機返還(そのときには合併して東亜国内航空となっていた)されたが、その際事故で失われた本機の補償として、日本航空所有の727のうち1機が無償譲渡されている。移籍機はJA8318「たま」号で、東亜国内航空では「ふじ」号に改称されたが、主力機をDC-9に据える方針から、2年後の1974年にはイギリスダン・エアに売却されG-BDANとなった。その後、1980年4月25日カナリア諸島テネリフェ空港への着陸進入(待機)中に航路を逸脱、空港の南約8キロの山岳地帯に墜落している。

参考文献[編集]

関連項目[編集]