日本狂詩曲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

日本狂詩曲(にほんきょうしきょく 英語:Japanese Rhapsody)は、伊福部昭が作曲した管弦楽のための狂詩曲[1]1935年完成。2楽章形式。演奏時間は約15分。

伊福部が北海道帝国大学を卒業してすぐに、友人の三浦淳史が文通していた指揮者ファビエン・セヴィツキーに献呈する為に書いた曲[2]で、彼の初めての管弦楽曲として知られる。本来はヴァイオリンと36の打楽器のための協奏曲として構想されていた。この曲によりアレクサンドル・チェレプニン主催の作曲コンクールであるチェレプニン賞第一席を受賞し、楽壇にデビューを飾ることとなる。

1936年4月5日、ファビアン・セヴィツキー指揮・ボストンピープルズ交響楽団によりボストンニューイングランド音楽院ジョーダン・ホールにて初演[3]。当地の各新聞の批評欄において絶賛された。また、1938年の小船幸次郎指揮・ポーランド初演およびフィンランドの演奏[4]にはシベリウスがラジオで聴いていたという[5][1]

その他のエピソードについては、伊福部昭の項目の経歴に関する節も参照のこと。

編成[編集]

通常の三管編成であるが、打楽器9人、ハープ2台、ピアノ1台を要する。 なお、打楽器パートでは民族楽器が必要となるが、スコア上では西洋打楽器でも代用が可能となっている。

木管楽器

金管楽器

打楽器

その他

曲の構成[編集]

当初は3楽章形式であったがチェレプニン賞の応募規定に合わせるため、当初第1楽章であった「じょんがら舞曲」をカットした。これは後に交響譚詩の第2楽章で使われた[6]。 現行の版が決定稿であり、第1楽章「夜想曲」、第2楽章「祭」の2つの対照的な楽章からなる。

  • 第1楽章「夜想曲 Nocturne 」(Allegro ma non troppo , Music.a.4up.PNG = 96 environ)
独奏ヴィオラが、他の楽器のオスティナート風伴奏に乗って、延々と日本的な主題を歌い続ける。弦楽器のトレモロが幻想的な雰囲気を醸し出す中間部を経て、再び冒頭の主題がヴァイオリンで奏される。コーダではヴァイオリン独奏が活躍する。三部形式
  • 第2楽章「祭 Fête 」(Music.a.4up.PNG = 108)
軽快な独奏クラリネットから始まる、極めてエネルギッシュかつ祝祭的な楽章。曲中では絶えず打楽器が鳴り響くが、作曲者はこの楽章について「あくまでも主役は打楽器で、旋律は副次的な物に過ぎない」と語ったという。また、様々な弦楽器の特殊奏法が使われている。

楽譜[編集]

楽譜はチェレプニン・コレクションNo.24として出版された[7]

日本初演と再演[編集]

日本での舞台初演は作曲から9年後の1944年9月27日に日比谷公会堂に於いて、東京交響楽団 (現東京フィルハーモニー交響楽団) 第31回定期演奏会で金子登の指揮により行われた[8]

その後は1971年1月27日に神奈川県立音楽堂で行われた、小船幸次郎指揮の横浜交響楽団第262回演奏会[9]、そして1980年5月13日に東京文化会館で行われた、山田一雄指揮の新星日本交響楽団第40回定期演奏会[10]が続いている。

脚注[編集]

  1. ^ 現代日本の管弦楽作品表〈1912-1980〉(『フィルハーモニー』特別号(53巻9号)) NHK交響楽団、1981年9月, pp16-17
  2. ^ 日本の作曲家:近現代音楽人名事典. 日外アソシエーツ, 2008, p87
  3. ^ 三浦淳史:「日本狂詩曲」の世界初演 (『音楽新潮』1936年6月号 pp34-37)
  4. ^ 市民のオルガン:小船幸次郎と横浜交響楽団. 横浜交響楽団編著. 神奈川新聞社, 2007.06, p91, 420
  5. ^ 市民のオルガン, p119
  6. ^ 片山杜秀責任編『伊福部昭:ゴジラの守護神・日本作曲界の巨匠』 (KAWADE夢ムック 文藝別冊) 河出書房新社, 2014.5, p58
  7. ^ 市民のオルガン, 口絵
  8. ^ 片山, p222
  9. ^ 市民のオルガン, p473
  10. ^ 小川昂編『新編日本の交響楽団定期演奏会記録:1927-1981』民主音楽協会音楽資料館, 1983, p299