日本狂詩曲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本狂詩曲(にほんきょうしきょく 英語:Japanese Rhapsody)は、伊福部昭が作曲した管弦楽のための狂詩曲1935年完成。2楽章形式。演奏時間は約15分。

伊福部が北海道帝国大学を卒業してすぐに、友人の三浦淳史が文通していた指揮者ファビエン・セヴィツキーに献呈する為に書いた曲で、彼の初めての管弦楽曲として知られる。本来はヴァイオリンと36の打楽器のための協奏曲として構想されていた。この曲によりアレクサンドル・チェレプニン主催の作曲コンクールであるチェレプニン賞第一席を受賞し、楽壇にデビューを飾ることとなる。

1936年4月5日、ファビアン・セヴィツキー指揮・ボストンピープルズ交響楽団によりボストンにて初演。当地の各新聞の批評欄において絶賛された。また、1938年の小船幸次郎指揮・ポーランド初演およびフィンランドの演奏にはシベリウスがラジオで聴いていたという。[1]日本での初演は作曲から36年後の1971年1月27日に、小船幸次郎指揮・横浜交響楽団によって神奈川県立音楽堂で行われた。

その他のエピソードについては、伊福部昭の項目の経歴に関する節も参照のこと。

編成[編集]

通常の三管編成であるが、打楽器9人、ハープ2台、ピアノ1台を要する。 なお、打楽器パートでは民族楽器が必要となるが、スコア上では西洋打楽器でも代用が可能となっている。

木管楽器

金管楽器

打楽器

その他

曲の構成[編集]

当初は3楽章形式であったがチェレプニン賞の応募規定に合わせるため、当初第1楽章であった「じょんがら舞曲」をカットした。これは後に交響譚詩の第2楽章で使われた。 現行の版が決定稿であり、第1楽章「夜想曲」、第2楽章「祭」の2つの対照的な楽章からなる。

  • 第1楽章「夜想曲 Nocturne 」(Allegro ma non troppo , Music.a.4up.PNG = 96 environ)
独奏ヴィオラが、他の楽器のオスティナート風伴奏に乗って、延々と日本的な主題を歌い続ける。弦楽器のトレモロが幻想的な雰囲気を醸し出す中間部を経て、再び冒頭の主題がヴァイオリンで奏される。コーダではヴァイオリン独奏が活躍する。三部形式
  • 第2楽章「祭 Fête 」(Music.a.4up.PNG = 108)
軽快な独奏クラリネットから始まる、極めてエネルギッシュかつ祝祭的な楽章。曲中では絶えず打楽器が鳴り響くが、作曲者はこの楽章について「あくまでも主役は打楽器で、旋律は副次的な物に過ぎない」と語ったという。また、様々な弦楽器の特殊奏法が使われている。