日本歯科審美学会ホワイトニングコーディネーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本歯科審美学会ホワイトニングコーディネーターとは、日本歯科審美学会 (JAED) が認定する歯科衛生士の専門資格である。2013年3月末現在、4,791名が資格を取得している[1]

概要[編集]

ホワイトニング(歯の審美的漂白)の正しい情報の普及と多くの人にホワイトニングの喜びを享受してもらうため適切なアドバイスのできる人材養成を目的とする。2006年に発足した[2]。認定講習会を受講後に認定試験を受け、この試験に合格すると、ホワイトニングコーディネーターの登録が可能となる[3][4]。さらに日本歯科審美学会にホワイトニングコーディネーターの登録を完了するとホワイトニングコーディネーターの資格が得られる。

取得[編集]

更新[編集]

本資格は3年間の更新制であり、学術大会等への出席が必要となる[4]

脚注[編集]

  1. ^ newsletter_vol27 (PDF)”. 日本歯科審美学会 (2013年6月). 2014年2月1日閲覧。
  2. ^ a b c 田島菜穂子「【白い歯と美しい口元をプロデュースしよう】 「ホワイトニングコーディネーター」って?」、『DHstyle』第2巻第2号、デンタルダイヤモンド社2008年2月、 32-33頁、 ISSN 1881-3437、 医学中央雑誌 2008094609。
  3. ^ 日本歯科審美学会ホワイトニング コーディネーター制度規則”. 日本歯科審美学会. 2014年2月1日閲覧。
  4. ^ a b c 日本歯科審美学会ホワイトニング コーディネーター制度施行細則”. 日本歯科審美学会 (2006年10月13日). 2014年2月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]