方定煥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
方定煥
방정환.JPG
誕生 (1899-11-09) 1899年11月9日[1]
朝鮮 漢城府
(現在の大韓民国の旗 韓国 ソウル
死没 (1931-07-23) 1931年7月23日(31歳没)
職業 小説家
言語 朝鮮語
教育 日本の東洋大学
活動期間 1918年 – 1931年
ジャンル 小説
デビュー作 1918年 『青春』に随筆 「観花」を発表
テンプレートを表示
方定煥
各種表記
ハングル 방정환
漢字 方定煥
発音: パン・ジョンファン
英語表記: Jeong-hwan Bang
テンプレートを表示

方定煥 (パン・ジョンファン、방정환、1899年11月9日 – 1931年7月23日)は、近代朝鮮小説家である。現在のソウル特別市出身[1]

略歴[編集]

雅号は小波である。1899年11月9日、ソウルで生まれる。日本に行き、東京の東洋大学の哲学科で児童文学と児童心理学を学んだ。1923年、朝鮮で最初の児童文化団体であるセクトン会を組織して、子供運動を積極的に展開した。1923年、朝鮮では初めて純粋児童雑誌である『オリニ(子供)』を創刊して活動した。

児童のための様々な社会活動を行い、民族啓蒙や児童文学においても先駆的な業績を残した。方定煥の創作童謡などは、天使主義的な児童観に基づいた感傷的な童心主義が主になっている。これは、伝統的な儒教思想の中で人権が保障されていない子供に対する愛情の表現だといえる。

彼の文学活動は、民族を近代化して失われた主権を取り戻そうとする独立運動であり、民族運動でもあった。特に、セクトン会を通した活動は、封建主義と日本帝国の弾圧に苦しんでいる子供に希望と勇気を与え、社会的な地位も高めるなどして貢献した。

受賞歴[編集]

主な作品[編集]

  • 1922年、翻案童謡集『사랑의 선물』(愛のプレゼント)[2]
  • 1940年、『소파전집』 (小波全集)
  • 1947年、『소파 동화독본』(小波の童話読本)
  • 1974年、『소파 아동문학전집 전8권』(小波の児童文学全集全8巻)
  • 1962年、소년소설 『77단의 비밀』(77段の秘密)
  • 1962年、순정소설 『동생을 찾으러』(弟を捜しに)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b [1] NAVER(韓国語) 2014年閲覧。
  2. ^ [2] 韓国現代文学大辞典 2014年閲覧。