新鑑真

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
新鑑真
Xinjianzhen01s2800.jpg
神戸ポートターミナル沖を航行中の新鑑真
基本情報
船種 フェリー
船籍 中華人民共和国の旗 中国 上海
所有者 中日国際輪渡有限公司
運用者 中日国際輪渡有限公司
建造所 尾道造船
信号符字 BOAL
IMO番号 9065376
MMSI番号 412104000
経歴
起工 1993年
進水 1994年1月12日[1]
竣工 1994年4月15日[1]
就航 1994年4月23日[2]
現況 就航中
要目
総トン数 14,543トン[2]
載貨重量 4,321トン
全長 156.67 m
垂線間長 143.0 m[1]
23.0 m[1]
深さ 14.8 m[1]
喫水 6.2 m[1]
機関方式 ディーゼル
主機関 SEMT ピルスティック 14PV2-6V 2基[1]
出力 10,500PS×2基
航海速力 21ノット
旅客定員 345名
積載能力 RO/ROタイプ 20フィートコンテナ250本
(冷凍コンテナコンセント80本装備)
テンプレートを表示

新鑑真XIN JIAN ZHEN、しんがんじん)は、中日国際輪渡有限公司が運航する中国籍のフェリー

概要[編集]

神戸港神戸ポートターミナル兵庫県神戸市)、大阪南港・国際フェリーターミナル(大阪府大阪市)と上海港中国)を結ぶ国際定期フェリーである。中国船らしく船内には麻雀室を備えている。船名の由来は、失明や遣唐使の難破など度重なる苦難を乗り越えて来日を果たした唐代の中国僧・鑑真

先代の鑑真の代船として尾道造船で建造され、1994年に就航した。先代の鑑真は有村産業が運航していた飛龍を改名したもので、本船は航路初の新造船となった。

2004年1月、通算1,000航海を達成した[3]

20フィートコンテナ250本のシャーシを積載可能で、冷凍コンテナコンセントも80本分が装備されている。ルーズカーゴの積載、その他の車両航送も行っているが、自家用車は積載できない。

  • 運航会社 - 中日国際輪渡有限公司(上海市東大名路908号金岸大廈18楼)
  • 総代理店 - 日中国際フェリー株式会社(〒550-0013 大阪市西区新町1丁目8番6号)

船内設備[編集]

船内では、日本円人民元での支払いが可能である。(自動販売機、コインロッカーなどは日本円のみ対応)船内使用分に限り、米ドルユーロの日本円への両替を受け付けている。クレジットカードは利用できない。

  • 客室
    • 貴賓室(洋室)2名×2室
    • 特別室(洋室)2名×8室、ソファ、テレビ、シャワー、トイレ付
    • 一等(洋室)4名×12室
    • 二等(洋室8名×30室・和室15-16名×3室)
  • 施設
    • エントランス・ホール - A - C甲板の三層吹き抜け
    • ラウンジ
    • サンデッキ
    • レストラン(122席)
    • 売店
    • ゲームコーナー
    • 麻雀室
    • 卓球室
    • カラオケ
    • ダンスホール

航路[編集]

神戸ポートターミナルO2バースに接岸中の新鑑真

日本側の発着は便(週)ごとに大阪港と神戸港を交互に発着している。(以前は上海→大阪→回航→神戸→上海と上海→神戸→回航→大阪→上海を交互に行う三角運行だった)

臨時に運航日や寄港地が変更(臨時に他港に寄港)する事がある。また、以前は月に一度、横浜港大さん橋)までの運航が行われていた。

乗船場所[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 世界の艦船(1994年4月号,p130)
  2. ^ a b 世界の艦船(1994年8月号,p64-65)
  3. ^ 世界の艦船(2005年2月号,p168)

関連項目[編集]

  • 燕京 - 2012年まで神戸港と天津港を結んでいた国際定期フェリー

外部リンク[編集]