新生児マススクリーニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

新生児マススクリーニング(しんせいじマススクリーニング)、または新生児スクリーニング(英語:Newborn screening)とは、新生児における先天性代謝異常などの疾患やその疑いを早期に発見し、発病する前から治療が出来るようにすることを目的とした検査のこと。先天性代謝異常等検査とも呼ばれる。

対象疾患[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]