新婚道中記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
新婚道中記
The Awful Truth
監督 レオ・マッケリー
脚本 シドニー・バックマン
ヴィニャ・デルマー
原作 アーサー・リッチマン
製作 レオ・マッケリー
出演者 アイリーン・ダン
ケーリー・グラント
音楽 ベン・オークランド
撮影 ジョゼフ・ウォーカー
編集 アル・クラーク
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1937年10月21日
日本の旗 1938年4月20日
上映時間 91分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

新婚道中記』(しんこんどうちゅうき、原題・英語: The Awful Truth)は、1937年に製作・公開されたアメリカ合衆国の映画である。レオ・マッケリーが監督、アイリーン・ダンケーリー・グラントが主演した。ダンとグラントの初の共演作である。二人はこの後『My Favorite Wife』(1940)と『愛のアルバム』(1941)の二作でコンビを組んだ。

キャスト[編集]

  • ルーシー:アイリーン・ダン
  • ジェリー(ルーシーの夫):ケーリー・グラント
  • ダン・リーソン:ラルフ・ベラミー
  • アルマン・デュヴァル:アレクサンダー・ダルシー
  • パッツィ(ルーシーの叔母):セシル・カニンガム

スタッフ[編集]

  • 監督/製作:レオ・マッケリー
  • 脚本:シドニー・バックマン、ヴィニャ・デルマー
  • 音楽:ベン・オークランド
  • 撮影:ジョゼフ・ウォーカー
  • 編集:アル・クラーク
  • 美術:ライオネル・バンクス、スティーヴン・グーソン
  • 衣裳:ロバート・カロック

アカデミー賞受賞・ノミネーション[編集]

備考[編集]

  • この映画の中では犬と猫がそれぞれ芸達者な演技を見せており、いずれも話の展開上重要な役割を演じている。

外部リンク[編集]