新値足

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

新値足(しんねあし)は、株価テクニカル分析において使用される指標。

概要[編集]

非時系列チャートの一種で、株価の終値を用い、上昇相場では以前の高値を抜いたときに、下降相場では以前の安値を下回ったときに初めて行を変え新しい足を記入する。 一般的に多用されるのは「新値三本足」で、高値や安値が続いているときは新しい足を次々に記入するが、相場の方向が上昇→下降 下降→上昇と変化したときはすぐに足を書き入れない。

関連項目[編集]

 新値三本足