移動平均線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

移動平均線(いどうへいきんせん)は、株価外国為替テクニカル分析において使用される指標。移動平均も参照。

概要[編集]

それ自体は統計分析などで広く使われていたが、アメリカのJ・E・グランビルによって相場分析に利用できることが広められた。 移動平均線は、過去の一定期間の株価の平均値から求める。5日移動平均線であれば、過去5日間の終値の平均値となる。テクニカル分析の指標として最も基本的なものであり、多くの投資家によって用いられている。

長期移動平均線と短期移動平均線[編集]

一般的に、チャートには長期と短期の2種類の移動平均線が表示される。

  • 長期移動平均線は、週足では26週線、日足では25日線、日中足では4時間線を示すことが多い。
  • 短期移動平均線は、週足では13週線、日足では5日線、日中足では1時間線を示すことが多い。

特に長期移動平均線は、株価のトレンド(基調)を暗示する場合が多く、これが上を向いているか、下を向いているかを見るだけで、株価の今後の変動を予測することが可能である。


昨今のIT技術の進歩により、独自分析したパラメータを使うことが多くなっている。

また、3つの移動平均線を同時に表示させて、判断する手法を取る投資家も少なくない。

ゴールデンクロス(GC)とデッドクロス(DC)[編集]

短期移動平均線が、長期移動平均線を下から上に突き抜けることをゴールデンクロス(GC)と言い、一般的に投資家の間では買いの目安とされている。 逆に、上から下に突き抜けることをデッドクロス(DC)と言い、売りの目安とされている。

なお、長期移動平均線が下降している場合のGC・上昇している場合のDCは、一時的な株価の変動である場合が多く、この場合に買い向かったり売り向かったりするのは危険である。

関連項目[編集]