齊藤力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
斉藤力から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
齊藤力
生誕 (1947-10-08) 1947年10月8日[1]
死没 (2019-01-27) 2019年1月27日(71歳没)
研究分野 口腔外科学
研究機関 東京歯科大学新潟大学
出身校 東京歯科大学
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

齊藤 力(さいとう ちから、1947年10月8日[1] - 2019年1月27日[2])は、日本の歯科医師歯学者新潟大学名誉教授。日本顎変形症学会元理事長[3]

経歴[編集]

1972年に東京歯科大学卒業、1976年同大学院修了、以後同大学口腔外科学第二講座にて助手、講師、助教授、教授を経て、2001年新潟大学医歯学総合研究科口腔生命科学専攻顎顔面再建学講座組織再建口腔外科学分野教授[4]。2013年新潟大学名誉教授、東京歯科大学水道橋病院口腔外科(東京歯科大学客員教授)。

1976年 東京歯科大学より歯学博士号を得る。論文の題は「下顎骨切除患者の顎運動機能に関する研究」[5]

著作[編集]

  • 『歯と口の健康百科 家族みんなの健康のために』伊藤公一小野芳明、齊藤力、鈴木尚高橋英登宮地建夫向井美惠安井利一医歯薬出版、1998年7月。ISBN 978-4-263-45400-8
  • 上松博子小林正治古郷幹彦阿部伸一覚道健治高木律男井上農夫男笠原和惠一戸達『口と歯の病気マップ』齊藤力、井出吉信植田耕一郎医歯薬出版、2003年9月20日。ISBN 978-4-263-44162-6
  • 齊藤力、髙野伸夫『動画とイラストで学ぶ 抜歯のテクニック DVD付』齊藤力、医歯薬出版、2005年12月15日。ISBN 978-4-263-44206-7

所属団体[編集]

学職
先代:
飯塚忠彦
初代
日本顎変形症学会 理事長
第2代
次代:
飯田順一郎
第3代
先代:
山口秀晴
第16回
2006年
幕張メッセ
日本顎変形症学会 大会長
第17回
2007年
朱鷺メッセ
次代:
後藤滋巳
第18回
2008年
名古屋国際会議場
先代:
内山健志
第34回
2010年
北とぴあ
日本口蓋裂学会 大会長
第35回
2011年
朱鷺メッセ
次代:
鈴木茂彦
第36回
2012年
国立京都国際会館

脚注[編集]

  1. ^ a b 『歯学研究者名鑑2005年版』監修 日本歯科医学会口腔保健協会東京都豊島区、2005年3月30日、第1版第1刷、195頁。ISBN 4-89605-209-9
  2. ^ 逝去会員”. 東京歯科大学同窓会. 2019年2月16日閲覧。
  3. ^ a b 理事長ご挨拶”. 日本顎変形症学会. 2013年1月22日閲覧。
  4. ^ 齊藤力、髙野伸夫『動画とイラストで学ぶ 抜歯のテクニック DVD付』齊藤力、著者略歴。ISBN 978-4-263-44206-7
  5. ^ 博士論文書誌データベース
  6. ^ 評議員”. 日本口腔外科学会. 2011年8月28日閲覧。
  7. ^ 役員・評議員”. 日本口腔科学会. 2011年8月28日閲覧。
  8. ^ 評議員  平成22・23年度”. 日本歯科薬物療法学会. 2011年8月28日閲覧。
  9. ^ 運営審議委員”. 日本顎顔面インプラント学会. 2011年8月28日閲覧。
  10. ^ 第35回 日本口蓋裂学会総会・学術集会”. 新潟大学大学院医歯学総合研究科 歯科矯正学分野 /新宣 朱鷺メッセ営業所. 2013年1月21日閲覧。
  11. ^ 平成23年度新潟歯学会役員名簿”. 新潟歯学会. 2011年8月28日閲覧。

外部リンク[編集]