文字電話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
「TEGAKCY」PM-T101(東芝)

文字電話もじでんわ)は、ウィルコム(旧・DDIポケット)がPHS網を利用して提供していたメッセージ専用サービス及びその端末のことである。

概要[編集]

1999年2月、DDIポケット(当時)がサービスを開始した

文字や手描きイラスト等のやり取りに特化しており、音声通話やパケット通信は利用出来ない。PメールPメールDX対応の一般PHS端末とのメールやインターネットメールの送受信が可能。また、PメールDXのシステムを利用した各種情報サービスや文字電話端末間のチャットの他、αメール[1]の送信、ポケットベルへのメッセージ送信、クイックダイアル[2]など音声ガイダンスサービスの再生が可能である。

文字電話対応の料金プランは、専用端末でのみ契約が可能である。しかしサービスの始まった1999年に3機種が登場して以降新しい端末は発売されていない。また、端末の販売も終了している。2010年12月31日をもって、文字電話向けの料金コースへの新規受け付けを終了した。さらに2012年2月29日をもってサービスを終了する見込みであったが延長し、最終的には、ガードバンド移行に伴い、旧来の帯域にしか対応していないPHSが使えなくなった時期に合わせる形で、2012年4月30日をもって終了した[3]

端末[編集]

  • 東芝
    • PM-T101「TEGACKY」(テガッキー) 1999年2月発売
  • カシオ
    • PM-C101「Me-Tel」(メーテル) 1999年4月発売
  • トミー
    • 手描きPipi(東芝製PM-T101のOEM)

脚注[編集]

  1. ^ 対応PHS、固定電話機、ファクシミリ、ポケットベル等との間で半角20文字までのメール送受信が可能。
  2. ^ クイックダイヤル : ウィルコムの電話機でご利用になれる情報料無料の“聞く”情報サービス。
  3. ^ 制御チャネル移行に伴う一部機種でのサービス提供終了に関するお知らせ
[ヘルプ]

CMキャラクター[編集]

外部リンク[編集]