数珠丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

数珠丸(じゅずまる)は、天下五剣の一つに数えられている日本刀名物の一つ。平安末期から鎌倉前期の刀工で、御番鍛冶の一人である青江恒次の作。

概要[編集]

享保名物帳・詳註刀剣名物帳にも紛失の経緯は記されておらず不明だが、久遠寺から行方知れずになる。

現在、数珠丸とされている刀剣は重要文化財に指定されている日本刀。刃長83.7cm[1]、反り3.0cm。鍛えは、小板目、乱れ映り立ち地沸つく。佩表に「恒次」の銘が切られ、目釘孔一。青江恒次とは作風を異にすることから佐藤貫一は、備前恒次の作ではないかとした。享保名物帳によると数珠丸の拵えは、「光甫物数寄の拵、蓮華の紋にして、四分一すりはがし也」と記されているが、この太刀は別の拵えである。公益財団法人日本美術刀剣保存などの近年の研究によると鎌倉後期、備前の左近将監恒次の作であると断定されている。

伝来[編集]

日蓮が所持していたとされる太刀で、信者から贈られたと伝えらている。柄に数珠を掛けていたことからこの名が付いたとされる。享保年間に行方不明となった。

1920年大正9年)ごろ、杉原祥造が再発見した。競売にかけられた物件の中から発見したとされる。久遠寺に返納しようとしたが、杉原邸の近所にある兵庫県尼崎市本興寺に寄進された。

脚注[編集]

  1. ^ 展示資料の説明には 84cm とある

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]