放送波遮蔽対策推進協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
放送波遮蔽対策推進協会
Digital Television and Radio Retransmission Promotion Association
団体種類 一般社団法人
設立 2003年10月10日
(デジタルラジオ推進協会)
所在地 東京都港区芝公園2-6-8
日本女子会館
北緯35度39分20.26秒東経139度45分2.28秒座標: 北緯35度39分20.26秒 東経139度45分2.28秒
法人番号 3010405002950
起源 デジタルラジオ推進協会
主要人物 代表理事 浅野 均
活動地域 日本の旗 日本
主眼 地下街等における放送の不感対策及びこれに関する事業の実施等により、放送の普及・発展を図る
活動内容 地下街等における放送の不感対策を実施するために必要な再送信設備の整備、保守・管理及び提供 他
ウェブサイト http://www.d-radio.or.jp
社団法人デジタルラジオ推進協会として設立
2013年4月1日 一般社団法人化
2014年4月1日 改称
テンプレートを表示

一般社団法人放送波遮蔽対策推進協会(ほうそうはしゃへいたいさくすいしんきょうかい、: Digital Television and Radio Retransmission Promotion Association)は、地下街等での地上基幹放送の不感対策を実施する非営利団体である。 略称はDRP

概要[編集]

前身は、地上デジタル音声放送試験放送をしていたデジタルラジオ推進協会である。 試験放送とは別に、2006年(平成18年)から地下街等の遮蔽された難視聴区域向けに、地上デジタルテレビ放送FM放送AM放送再送信を行う事業を開始した。 地上デジタル音声放送が事業化しなかったことを受け、2014年(平成26年)に改称・改組し、再送信事業のみを行う組織となった。

沿革[編集]

デジタルラジオ関係については、デジタルラジオ推進協会#沿革を参照。

構成[編集]

2014年(平成26年)8月1日現在

会員 

保有設備[編集]

2017年(平成29年)4月21日現在

  • テレビ放送用特定地上基幹放送局7局、FM放送用特定地上基幹放送局2局、FM放送用実験試験局5局、AM放送用高周波利用設備5基(八重洲地下街と川崎アゼリアは他社設備) 

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 平成18年度事業報告書p.8 報告書(放送波遮蔽対策推進協会)
  2. ^ a b 平成19年度事業報告書pp.10-12 同上
  3. ^ 平成20年度事業報告書pp.9-10 同上
  4. ^ 平成21年度事業報告書p.7 同上

関連項目[編集]

外部リンク[編集]